風光明媚な温泉街

スポンサーリンク

Top / 風光明媚な温泉街

注意 Wikiを編集する

配信シナリオです(DLC)

有料になりました。金額200円(税込)

目次 Wikiを編集する

マップ Wikiを編集する

map_onsen.jpg
  • 開始年月日:1965年4月1日
  • 初期用途地域設定
    • 富川町、厚海村(商業地域)

特徴 Wikiを編集する

  • 半島状の地形に平地が点在し、それぞれが山で分断されている。
    山脈のほとんどは高さが最高レベルなため、例えば厚海から富川まで路線を伸ばすにはトンネルが必要で、
    半島中央にはトンネルでないと外部と接続できない6階層の集落が存在する。
  • 初めから運賃値上げがされており、鉄道やバスの運賃が非常に高い。

クリア条件 Wikiを編集する

条件期限
やさしい標準いばらの道
1鉄道総延長100km12年以内(1977年3月31日まで)6年以内(1971年3月31日まで)5年以内(1970年3月31日まで)
2娯楽比率60%以上
3年間売上高1,000億円

ストーリー Wikiを編集する

この半島には多くの温泉が湧いており、昔から湯治場として親しまれてきたが、
半島の複雑な地形に阻まれて交通網の整備が進んでおらず、住民からは不満の声が上がっていた。
そこで、これまでこの地域でバスやトラック輸送を行っていた当社は、自治体の資本参加のもと鉄道の敷設と地域開発にあたることとなったが、
鉄道については総延長100kmの敷設、観光開発では娯楽が比率60%に達するように開発を推進することが求められている。
また、これら開発によりこの地域を訪れる観光客を増加させ、年間売上高が1,000億円を計上するよう会社を成長させることが目標である。

シナリオ開始時資産状況 Wikiを編集する

やさしい標準いばらの道
資本金120億円80億円56億円
資金98億9961万円58億9961万円34億9961万円
資金以外の資産
商品4億128万円
建物4億5700万円
構築物8億7891万円
車両運搬具6850万円
土地2億9470万円
負債
賞与引当金2400万円
  • 会社情報
    列車1編成自動車4台路面電車0台
    駅等1箇所停留所9箇所電停0箇所
    鉄道11.0km道路22.9km路面軌道0㎞
    子会社数1社土地285区画平均取得額104万円
    従業員数80人社員状況50会社ブランド50
  • 都市情報
    人口1万252人公共交通機関利用率60%
  • 銀行/株式初期状況
    • 銀行融資
      やさしい標準いばらの道
      融資利率3.0%11.3%
      融資限度額47億9040万円31億9040万円22億3040万円
    • 優待銘柄株価一覧
      銘柄株価銘柄株価銘柄株価
      新貝殻石油3700日東板セメント410柔らか金属444
      世界自動車1220大突貫建設3010超合体銀行1320
      大日村証券1350三々住不動産1510東西京鉄道474
      鳥猫運輸1080大江戸海運396全部電力2610
      パッチョガス493
  • 隣街情報・資源取引価格初期状況
    資源種別資材農産水産木材石油石炭
    方角都市名規模
    自都市仕入れ561101031073952
    自都市販売731431351405068
    海外価格231588507450175206
    取得額平均66143
    富御田大都市57161127874170
    隣接都市なし
    西

攻略ポイント Wikiを編集する

難易度「やさしい」でも開始時に資金が心もとないので、無計画に路線を伸ばすのは危険。
計画的に進めていこう。

開発の起点は最初から駅がある厚海になるが、最初からあまり線路を伸ばしすぎると運輸比率が上がり、娯楽比率を上げるのが大変になる。
また、西の富川へ伸ばすにはプラン「地下鉄道技術獲得」を実行しなければならず、
南の津川へ伸ばすには開発の余地がない海岸に路線を敷設しなくてはならない。
よって、序盤は環状線を敷くなどして厚海市街を中心に発展させるのが得策だろう。

なお、開始時は貨物列車の設計図が蒸気機関車のみなので、初期型電気機関車の開発が望ましい。

港の活用 Wikiを編集する

開始時の資金が乏しいことと、序盤から大々的な路線敷設はしにくいことから、港による輸出を収益の基盤としたい。

用途地域設定なしの場合、港を厚海に建て隣町から買い付けた資源類を輸出する。
うまくいけばこれだけで年間売上高1,000億円の大部分を賄うことができる。

用途地域設定ありの場合、厚海、富川には港は建てられないので津川の海岸に建て、隣町と結んだ貨物線を南下させてくる。
港が隣町から離れた分輸送コストがかかるが、用途地域設定なしの時とほぼ同じことができるはずだ。
※ライバル会社「豆竹鉄道」は序盤からこの方法をとる。

もう1つの選択は、大台島に建ててしまう手だ。
この島には最初から資材工場Aが存在するので、その資材が活用できる。
完成したら工場の資材と漁港2つの水産資源を輸出しよう。

簡単クリア方法 Wikiを編集する

  1. 北隣町と接続させた貨物路線を作る
  2. 北部に港を建てる
  3. 複数の資源を輸出する
    • これで年間売り上げ1000億の大部分が稼げる
  4. 資金がたまったら娯楽のタワーBを2個建てる
    • これで娯楽60%達成のはず

%%適当な場所に%%鉄道路線を敷いてクリア

娯楽比率の確保 Wikiを編集する

初期段階の娯楽比率は2%
娯楽系子会社は開始時には8種類しか建設できず、しかもタワーや歌舞伎劇場以外の子会社は建物価格が安く、
これらの建物では娯楽比率の上昇率が悪い(例えばスキー場1つ建てても数%しか増えない)。
開始翌年の1966年になると建物価格も高い遊園地A、B、劇場が増えるのでそれらを活用して比率を上げていこう。

ちなみに、厚海を囲む山々にはスキー場が建設可能なポイントが多数存在する。

年間売上高 Wikiを編集する

このシナリオでは初期状態で運賃値上げが行われており、旅客列車やバスの運賃が2000年代と同じ水準にある
(但し機関車の客車の運賃は低いままなので注意)。

開始時の公共機関の利用率が60%と比較的高いこともあり、厚海、富川、裃田を中心に路線網を築けば、大きな利益を期待できるだろう。

地下資源 Wikiを編集する

天木北部には最初から炭鉱があるが、その南の農村地帯にも石炭が埋蔵されている。
また、裃田の東の山にはごく少量だが石油が埋蔵されている。
どちらも運び出すにはトンネルが必要で、活用するまでもないかもしれない。

その他資源の活用 Wikiを編集する

  • 津川には狭い範囲に伐採所2つと製材所が存在し、木材置場を置くだけで木材が消費される。
  • 裃田には子会社の物流センターがあるが、漁港まで一直線に道路が伸びているので、トラックで水産資源を運び込もう。
    周りを道路で囲うなどして稼働率を上げるのをお忘れなく。

いばらの道攻略 Wikiを編集する

いばらの道/風光明媚な温泉街

ライバルデータ Wikiを編集する

風光明媚な温泉街/ライバルデータ:未作成

備考 Wikiを編集する

水力発電所 Wikiを編集する

南側の裃田には水力発電所に利用できるがある。
非常にレアな攻略中の開発に利用する地域で、水力発電所が建設できる地域

マップの元ネタ Wikiを編集する

温泉街というテーマ、半島のようなマップの形状、そして地名、どれをとっても伊豆半島が元ネタだろう。
マップ右下の島はそのまま(伊豆)大島。
地名:厚海→熱海、津川→河津、天木→天城、大台島→(伊豆)大島、裃田→下田、富川→富戸+川奈
富御田(北隣町)→富士+御殿場+小田原(or富士吉田)
ちなみに、「裃」は「かみしも」と読み、和服の一種を表す言葉だが、普段滅多にお目にかからない漢字ではなかろうか。

また、ライバル会社「豆竹鉄道」とその代表者・雨呂慶次郎は、三島~修善寺間を走る「伊豆箱根鉄道」と、
同鉄道のルーツの豆相電気鉄道の創業者・雨宮敬次郎が元ネタと思われる。


一番上に戻る / indexに戻る


スポンサーリンク