企業倒産のつめあと

スポンサーリンク

Top / 企業倒産のつめあと

目次 Wikiを編集する

マップ Wikiを編集する

map_tosan.jpg

特徴 Wikiを編集する

  • マップ中央に既に開発の盛んな市街地、道路用地の買収のみ行われている開発予定地があり、周りに農村地帯が広がっている。
    • 初期に市街地を中心に鉄道を敷設することで自然な発展が望めるだろう。余裕ができ次第開発地域を拡大させやすく都市開発が容易なマップ。
  • 達成困難なクリア条件はなく難易度はあまり高くないが、「11年経過時(難易度標準)」のクリア条件があるため10年以上の長期経営を視野に入れて開発を進める必要がある。
    • 難易度やさしいだと「22年経過時」となる。ある意味いばらの道よりも忍耐力が試されるシナリオ*1
  • 公共交通機関利用率が極端に低いため初期状態では旅客列車、バスの乗客はほとんど望めない事に注意。
    • 事業プランで公共交通機関利用率を短期間に拡大するのは難しい。定石どおり鉄道敷設での利用率拡大を目指そう。

クリア条件 Wikiを編集する

条件期限
やさしい標準いばらの道
1鉄道総延長100km14年以内(1995年3月31日まで)7年以内(1988年3月31日まで)6年以内(1987年3月31日まで)
26年連続黒字22年以内(2003年3月31日まで)11年以内(1992年3月31日まで)9年以内(1990年3月31日まで)
3総資産2000億円22年経過時(2003年3月31日経過時)11年経過時(1992年3月31日経過時)9年経過時(1990年3月31日経過時)

シナリオ開始時資産状況 Wikiを編集する

やさしい標準いばらの道
資本金1040億円(160%)650億円520億円(80%)
資金962億5605万円572億5605万円442億5605万円
資金以外の資産
商品1億5576万円
建物7億1038万円
構築物54億8148万円
車両運搬具4億9526万円
土地9億107万円
負債
賞与引当金1億6136万円
  • 会社情報
    列車2編成自動車3台路面電車0台
    駅等2箇所停留所6箇所電停0箇所
    鉄道2.8km道路65.6km路面軌道0㎞
    子会社数0社土地946区画平均取得額96万円
    従業員数164人社員状況50会社ブランド65
  • 都市情報
    人口1万4030人公共交通機関利用率10%
  • 銀行/株式初期状況
    • 銀行融資
      やさしい標準いばらの道
      融資利率3.0%12.6%
      融資限度額415億3546万円259億3546万円207億3546万円
  • 優待銘柄株価一覧
    銘柄株価銘柄株価銘柄株価
    新貝殻石油3190日東板セメント977柔らか金属632
    世界自動車3280大突貫建設12500超合体銀行2320
    大日村証券2940三々住不動産1900東西京鉄道560
    鳥猫運輸589大江戸海運1360全部電力2640
    パッチョガス367
  • 隣街情報・資源取引価格初期状況
    資源種別資材農産水産木材石油石炭
    方角都市名規模
    自都市仕入れ140375431381158251
    自都市販売232621713632261415
    海外価格3479601036580357369
    取得額平均130
    喬和中都市191515556400119171
    東津小都市186475531353127255
    西砂河梅中都市151359385339135180

攻略ポイント Wikiを編集する

クリアまでに非常に時間がかかるが、クリアが危ぶまれるような要素は特にない。強いて言えば北側と西側は山が多く開発しにくい地形であることが挙げられる。

南西部には倉庫を建てると農業と水産の資源供給範囲が重なるところがあるので、物流センターで大きな利益を上げられる。

メタな点になるが、あまり開発を進めて多くの車両を運行するようにしないほうが早送りのスピードが落ちなくて済む。
人口や鉄道利益、産業比率などの目標は特にないので、主に資源と工業系の子会社で稼ぐようにするとよい。

都市開発を楽しみたい場合は交通機関利用率の低さがネックになるが、むしろ1度限界まで下げてしまうのも手。
まず道路100kmを達成してから鉄道(+路面電車)を敷くことによって50%くらいまでは自然に回復させることが  できる。
   
ちなみに、大突貫建設の株価が異様に高い。変動次第だが、2万円を大きく超える場合すらある。
優待だけが目的の場合は手を出しづらいが、株価の振り幅も大きいので、売買で稼ぐことを狙ってみるのもいいかもしれない。

なおゲーム中の報告でも触れられている通り、埋蔵資源は存在せず、地下資源調査には何の効果もない。

空港と新幹線 Wikiを編集する

暇だからといって未開発地域に空港や新幹線を作ると赤字を垂れ流すの注意。

  • 空港は一箇所だけ、市街地の東の路線予定地跡に建設できる
    周りはほぼ更地なので開発しやすい
  • 新幹線は南に隣町はないため東西に貫きたいが、マップ北は湖と小川が邪魔をして東西には建設できないので注意。
    マップ北中央の四麻に建設を考えていると罠に陥る。(四麻から南北には建設可能)
    市街地の二車線道路と撤去して新幹線を建設しようとすると、空港とぶつかるという意地悪さ。
    新幹線を東西に建設する場合、空港すぐ北の2Fに少しだけ平野があるのでそこぐらいしか建設候補がない。

いばらの道攻略 Wikiを編集する

クリアするだけなら旅客事業は必要ない。
マップ端に近い場所に港を作って、自前で用意できない資源を隣町から輸入し、港からまとめて輸出するだけの簡単なお仕事です。
港は東西2つあれば十分。プラザ合意まではボロ儲けできる。それまでに総資産2000億は達成できるはず。
港が儲からなくなったら、物流センターか卸売市場で毎年黒字にして9年間時間を進めれば良い。
港の収益を元に街の開発を進めてもよいが、多くの車両を走らせるとゲームの進行速度が遅くなる。

ライバルデータ Wikiを編集する

企業倒産のつめあと/ライバルデータ:未作成

備考 Wikiを編集する

  • 新幹線開通達成時のメッセージが設定されている。業績が良ければクリア条件達成前でも開通させることができるが南には隣町が無いので注意。
  • 短いが格付けAAA達成時のメッセージもある。
  • マップの元ネタは宇和島市周辺。高知県も一部含まれている。

一番上に戻る / indexに戻る


スポンサーリンク


*1 時間進行を本体を閉じたままでできるようにしておくと、自信があるならずっと放置すればいい。