鉄道駅

スポンサーリンク

Top / 鉄道駅

目次 Wikiを編集する

鉄道駅 Wikiを編集する

大まかに分けて旅客・貨物の両方を行える旅客駅と、貨物のみを取り扱える貨物駅の2種に分けられる。

  • 駅の種類を変えることのできる「改築」中の駅は旅客の乗降が出来ない(資材の積み下ろしのみ可能)*1
    どのみち旅客駅として使えないので、駅を撤去し再建築しても多少費用がかさむくらいだったりする。
    • 改築時は固定資産処分損について告知がされないがこっそり裏で古い駅舎の喪失分が計上される
    • 撤去して新築するよりも、改築した方が、発展の勢い・運行計画・資材範囲など駅の情報がキープされるので、基本的には改築した方が良い
      よって、運行を一時休止する路線の駅は赤字防止のために信号所や簡易乗降所に改築しておくとよい
      • 元々2本以上ホームを持っている駅を駅ビル化などで改築する場合は一旦ホーム1本で改築を始め、残りのホームを簡易乗降所で代用しておくと建設中の運賃収入がムダになりにくい(駅の利用による駅舎の収入は発生しないがこれは諦めること)。
        駅舎が完成した後に簡易乗降所を撤去し、駅のホームを改築によって必要数確保すればOK(ただし橋上駅はホーム本数増加時に新築する必要があるため不可)。

駅周辺の成長度 Wikiを編集する

  • 利用者数に依存、大体目安となる人数を1週間程度超えると変化する
    • 過去7日間の利用客数の平均値が一定以上になると成長度が上がると思われる(要検証?)
成長度利用者数(人/日)備考
全く無し0~799仮乗降場は利用者数に因らず、常時この成長度で固定される
僅かな気配800~1,999
徐々に進行中2,000~4,999
大きく進行中5,000~9,999
勢いよく進行中10,000~

駅一覧 Wikiを編集する

  • 建物価格は年代により異なるので西暦2000年での参考値
種別貨物範囲成長限界取扱い種名称建物
サイズ
作成可能
レベル
最大
ホーム数
旅客貨物
旅客駅6勢いよくターミナル駅A1x202
B1x44
地上駅A・C1x106
B・D1x3
橋上駅A~C(線路脇)
2x2
0
高架駅なし+1~+2
駅ビルA・B1x30~+2
C0~+4
地下駅A~C地上:1x1
地下:1x3
-1~-4
貨物駅10全く無し×貨物駅A・B1x306
その他なし全く無し×仮乗降場なし01
××信号場なし06
車庫A~Cなし06


種別名称作成可能
年代
建物価格
(万円)
運営費用
(万円/日)
必要資材建築日数必要
人員数*2
旅客駅ターミナル駅A1955~5億13845
ターミナル駅B1975~10億248410
地上駅A1955~2億3422
地上駅B1965~6億6845
地上駅C1970~3億4423
地上駅D1980~7億8846
橋上駅A1955~4億9844
橋上駅B1965~4億10845
橋上駅C1975~4億12846
高架駅1955~15億4116812
駅ビルA1955~18億66241218
駅ビルB1970~20億78241220
駅ビルC1985~50億150562850
地下駅A1955~10億16845
地下駅B1970~12億18846
地下駅C1985~14億20847
貨物駅貨物駅A1955~2億2213
貨物駅B1975~3億2214
その他仮乗降場1955~400000即時0
信号場1955~300000即時0
車庫A1955~800060即時2
車庫B1970~1億
車庫C1985~1億2000

年代別建築可能駅一覧 Wikiを編集する

年代別に建築可能になる駅をまとめてみた。
1955年~1964年までは各駅のAタイプのみ建築可能。
1965年より5年ごとに建築可能な駅の種類が増えていき、1985年で全ての駅が建築可能になる。

年代旅客駅貨物駅その他
1955ターミナル駅A 地上駅A
橋上駅A 高架駅
駅ビルA 地下駅A
貨物駅A仮乗降場
信号場
車庫A
1960
1965地上駅B
橋上駅B
1970地上駅C
駅ビルB
地下駅B
車庫B
1975ターミナル駅B
橋上駅C
貨物駅B
1980地上駅D
1985駅ビルC
地下駅C
車庫C

発車音一覧 Wikiを編集する

  • 列車発車時に流す合図の音も変更できる。時代経過で追加される。
    • ゲーム速度を4以上にすると鳴らなくなるが、3Dカメラモードなら5速でも鳴る。
  • 現実ではメロディが使用されない貨物駅・信号所・車庫などでも設定できる。
発車音名追加年元ネタと思われるメロディ備考
駅発車ベルA1955~千葉駅3~10番線発車合図電鈴?
駅発車ベルB1960~
駅発車ベルC1980~
駅発車メロディA2000~発車メロディ「せせらぎ」著作権的に大丈夫かは不明
駅発車メロディB1960~接近チャイム「JR-SH6」・発車メロディ「JR-SH3」著作権的に大丈夫かは不明
駅発車メロディC1960~西武新宿線上り発車メロディ
駅発車メロディD1980~発車メロディ「JR-SH1-2」著作権的に大丈夫なのかは不明

駅舎詳細 Wikiを編集する

旅客駅 Wikiを編集する

  • ターミナル駅
    • 片側にしか路線を伸ばせない(=終端にしかならない)特徴がある駅。
  • 大抵環状線や終端を作らず隣町に繋げてしまうため人によっては非常に影が薄い。
    • 複線環状(路面軌道のような形)の場合なら有効。
    • ホームの数に関係なく駅舎サイズは一定。
    • 周辺が万遍なく成長しやすいのでとりあえず作っておくのも手。
  • 地上駅
    • 安価で比較的スタンダードな駅舎。
      • 発展の仕方や維持費の関係で橋上駅に劣るが、建物価格は安めなので資金の節約になる。
    • 周辺の成長は駅舎がある側に偏る傾向にある。
    • 地上駅BおよびDは駅ビルと用地の範囲が同じなので、ここに駅を作って発展させたいけどお金がないというときには便利。
      • ただし、地下に資材置き場を作ってる場合干渉して建設できないことが多々あるので気をつけよう。決してバグではないし取り壊してもいけない。
  • 橋上駅
    • 安価で比較的スタンダードな駅舎。
      • 地上駅に比べ周辺が万遍なく成長しやすい。
    • 改築でのホーム拡張の際、他の駅と違い駅舎の建て替えも必要となるので注意。
    • 商業・娯楽・住宅系子会社へ与える相乗効果は地上駅やターミナル駅より高い。
    • ホーム増設に駅舎建て替えが必要だったり、そもそも駅の横幅が余計に必要だったりとデメリットもあるが、費用対効果の高い優秀な駅。
      • 田舎開発の足掛かりとしても割と優秀。
    • あらかじめ複線を敷いてある線路の場合、直接設置することはできず、別の場所でホーム数を増やしてから取り消し→設置してやらなければならない。
      うっかり別の場所で決定してしまわないように注意。
  • 高架駅
    • 高架路線用の駅。
    • 地上には作れないのがネックだが駅舎部分の建物サイズがゼロなのがポイント。
      • ただしその特性上、後から駅ビルを改築によって建築する際は1番線側に7両ホームでいう3・4・5両目にあたる場所の空き地がないと改築できない。
        もっとも、実は改築でも「古い駅建物を喪失して建て替えをする」という手続きになるため帳簿上は固定資産処分損が計上される
        そのためちゃんと駅ビルを建てるだけの用地を確保できているなら無理に子会社買収/処分で土地を確保するくらいなら新規に建築し直した方が結果的に帳簿上は安く上がる場合も…*3
    • 駅収入も駅ビルに比べると劣るがそこそこ稼ぐことができる。
    • 既に敷設されている高架線路上に新駅を建設する場合、橋脚のある部分には建設できない。かといって建設のために線路を撤去すると一時的でも固定資産を失った扱いとなり地上線に比べて多額の固定資産処分損が計上されるため、あらかじめ改築で橋脚の位置を変える、ひとまず最小サイズ(3マス×ホーム数)で建設し開業後に必要分のホーム長を確保する等の対策を。
      • 延伸と同時に高架駅を建設する場合この問題は発生しない。
    • 駅舎部分がない分、ホーム全体が駅舎判定になっているのか、ホームが増えるごとに周辺への相乗効果が増していく
      • 6ホーム時の相乗効果は駅ビル以上にもなる。
  • 駅ビル
    • 高額な駅。資金さえ問題ないなら収益力は非常に優秀。
    • なにもない所にこれをいきなり建てるのも手、維持費は初期投資として割り切ろう。
      • ただし、ゲームスタート直後など、本当に何もない状態で建ててもただの赤字供給マシーンなので、
        ある程度軌道に乗ったのちに既存線の延長の駅に、というのがベターだろう
    • 尚、駅ビルCの元ネタは大阪駅のサウスゲートビルである。
  • 地下駅
    • 建物価格+地下建設コストがかかるため目が飛び出るほど高額になる。
      • 裏を返せば地下駅とそれに接続する地下線を作れば作るほど運輸の産業比率を数十億~数百億単位で大きく押し上げていくため、間接的に他業種の産業比率が下がり街全体の発展に寄与しうる。
    • 地下に需要がある建築物を作れるのはこの駅だけ。
    • 建設時には建築するレベル±1に資材が存在する必要がある。
    • 地下駅の出入口は二階層以上の深さがあれば駅ビルや高層ビルやデパートと結合できる。(ただしバグの可能性がある。駅舎を取り壊すとグラフィックが乱れる。)
      ただし、駅ビルと地下駅の出入口を結合させても駅としては別扱いになる。

貨物駅 Wikiを編集する

  • 貨物のみを扱え、旅客の乗降はできない。
  • 旅客駅が7マスしか貨物範囲が無いのに比べ、貨物駅は10マスという広い範囲を持つ。
    • そのため貨物列車専用の駅といっても過言ではないが、旅客列車も停車はさせることができる。
  • 貨物範囲を移動できる今作。片側に貨物範囲を寄せれば、駅中心から20マス先までの貨物範囲を持つことも可能となる。
  • ただ、駅からの距離が遠いと5-10分では積み下ろしが完了しない場合があるので停車時間を調節しよう。
  • 工業系子会社の稼働率・評価額を大きく伸ばす効果もある。

仮乗降場 Wikiを編集する

  • 1ホームのみ設置可能
  • 旅客のみを扱え、貨物の積み下ろしはできない。
  • 乗降客が増えても周囲が発展しない
    • 駅の改築時に客扱いするための仮駅として使うのも手。
  • 機回しができないので注意
  • 車掌に、「少し発展していますが、まだまだ足りません。~」というコメントをもらうような場所に建設すればよい。

信号場 Wikiを編集する

  • 通常の駅と同じように列車を停車させることができるが、乗客の乗降や貨物の取り扱いはできない
  • 運営費がかからないので、回送中に入れてしまえば裸の車庫とみなして使うことも可能
    • 当然ながら老朽化を遅らせることはできない
  • 駅間に置けば通過指定した上で列車の速度制限のみを設定させることも可能なため、細かなダイヤ調整に使えるかも?
    • 仮乗降場など他の駅系建物でも可能な挙動ではあるが信号場が一番安価で1か所につき6本まで増設できるため管理しやすい
  • 意外にも機回しができないので注意
  • 停車時に運行費用がかからない。

車庫 Wikiを編集する

  • 運休中の列車を入れることで、老朽化を遅らせることができる。出入口は二か所。
  • わずかだが運営費がかかる。
  • 旅客の乗降、および、貨物の積み下ろしはできない。
    • しかし仮乗降場や信号場と違い機回しができるので、場合によっては信号場代わりに使うのもアリ。

その他 Wikiを編集する

  • 駅建設時に駅舎や構内の階段を長押してスライドすると、位置を動かすことが可能。
  • 駅ビルは駅舎部分の地下に基礎を必要とするので、資源置き場を地下に設置する場合は注意。
  • 「改築」時、駅舎の種類を変える場合(例えば貨物駅を地上駅に改築)は建物価格に加えて構築物の価格も必要になる。
    つまり新築で建設する場合と変わらない。
  • 駅の中心は1番ホーム寄りに設定されている。高架駅や橋上駅など、駅舎が分かりづらい駅で貨物範囲を動かす時等に注意。

メモ Wikiを編集する

本スレ46スレ目18,19,21,22から運営費と客単価

一応、物価が最も高いとされる1998年で調査。
運営費も建築時に表示される額面とちょっと違うようなので出してみた。
運営費は発着無しで10日間放置した時の額でおおよそ計算。
客単価は一日の売り上げを利用人数で割ったもの(端数は切り捨て)

駅種運営費(1日)単価(1人)
ターミナル駅A12.9万円206円
ターミナル駅B19.6万円311円
地上駅A3.8万円102円
地上駅B7.7万円206円
地上駅C5.1万円102円
地上駅D9万円207円
橋上駅A7万円206円
橋上駅B9万円206円
橋上駅C10.3万円206円
高架駅41.5万円415円
駅ビルA57.1万円518円
駅ビルB67.5万円623円
駅ビルC129.9万円831円
地下駅A18.1万円206円
地下駅B20.7万円206円
地下駅C23.3万円207円

客単価206円と207円の違うがあるけど、売り上げの万より下の値は見れないので多分同じxじゃないかと。
それと運営費は完全に発着無しで放置の場合。

運営費はホームの長さ、数で変わる。

結局わかった追加の調査結果、
発着で増加してた運営費は利用人数に対して増加するもので、
1人につき単価の25%かかる。

あんまり意味のある計算方法に見えない気もしたが、
この経費もパッチョガスの優待で削減できるとなるとそれなりに意味があるのかも。

それと社員状況、ブランド力は駅の売り上げには影響しない。


一番上に戻る / indexに戻る


スポンサーリンク


*1 改築中の駅で運行終了する場合に限り降車のみ発生する模様
*2 業務負荷に影響する。詳細は社員状況を参照。
*3 高架系駅の新築には高架線路の敷設費用も含まれるため、一概に帳簿上で安く上がるとは限らない