港町の産業構造改革

スポンサーリンク

Top / 港町の産業構造改革

目次 Wikiを編集する

マップ Wikiを編集する

map_minato.jpg
  • 開始年月日:1992年4月1日

特徴 Wikiを編集する

  • 資源を消費する工業系の建物である製油所、製鉄所が多い。
  • 大きな街はあるものの、工業以外の産業比率が極端に低い。
    • 工業比率90%以下という珍しいクリア条件達成のために、この状況をどうするかがポイントである。
  • 初期状態では港を2箇所所持しているが、高架道路が邪魔で貨物船が湾内に入れず、そのままでは利用できない。
  • 子会社を複数所持しているが、資材工場以外の物件は、港を含め建設から15~40年近く経過しており、老朽化が進みつつある。

クリア条件 Wikiを編集する

条件期限
やさしい標準いばらの道
1娯楽比率30%以上10年以内(2002年3月31日まで)5年以内(1997年3月31日まで)4年以内(1996年3月31日まで)
2工業比率90%以下10年以内(2002年3月31日まで)5年以内(1997年3月31日まで)4年以内(1996年3月31日まで)
3路面軌道総延長60km10年以内(2002年3月31日まで)5年以内(1997年3月31日まで)4年以内(1996年3月31日まで)
4年間人口増加数1万人10年以内(2002年3月31日まで)5年以内(1997年3月31日まで)4年以内(1996年3月31日まで)

シナリオ開始時資産状況 Wikiを編集する

やさしい標準いばらの道
資本金689億円(130%)530億円371億円(70%)
資金353億7958万円194億7958万円35億7958万円
資金以外の資産
商品20億7227万円
建物56億8317万円
構築物231億2206万円
車両運搬具6億9753万円
土地19億4539万円
負債
賞与引当金1億4400万円
  • 会社情報
    列車2編成自動車1台路面電車2台
    駅等5箇所停留所2箇所電停0箇所
    鉄道46.9km道路34.1km路面軌道0.8㎞
    子会社数8社土地827区画平均取得額236万円
    従業員数120人社員状況45会社ブランド60
  • 都市情報
    人口1万760人公共交通機関利用率60%
  • 銀行/株式初期状況
    • 銀行融資
      やさしい標準いばらの道
      融資利率3.0%9.5%
      融資限度額275億240万円211億4240万円147億8240万円
  • 優待銘柄株価一覧
    銘柄株価銘柄株価銘柄株価
    新貝殻石油8470日東板セメント911柔らか金属1140
    世界自動車2420大突貫建設2580超合体銀行3020
    大日村証券2190三々住不動産3510東西京鉄道933
    鳥猫運輸1550大江戸海運527全部電力3450
    パッチョガス333
  • 隣街情報・資源取引価格初期状況
    資源種別資材農産水産木材石油石炭
    方角都市名規模
    自都市仕入れ150620463478189220
    自都市販売210868648669265308
    海外価格312820663617229277
    取得額平均240
    品田大都市212525589458158251
    千更津小都市267496602369161268
    須賀浜中都市187651570480158289
    西藤船中都市265481481392158271

攻略ポイント Wikiを編集する

基本戦略 Wikiを編集する

多額の出費が予想されるので、黒字確保→株式公開→銀行融資の定石による資金調達が必須となるだろう。
そして伸び切った需要を活かして年間人口増加数1万人をこなし、その後に産業比率の調整に挑みたい。

収益基盤 Wikiを編集する

目標が大仕事になる割に初期資金が少ないので、まずは収益の確保が急務となる。
各所に消費施設があるので資源関連利益が稼ぎやすいだろう。
資源消費が1日2個しかない奈川新町の卸売市場も、環境を改善してやればある程度貢献する。

年間人口増加数 Wikiを編集する

1年の間に1万人も増やす必要があるので、かなり大胆に開発を行う必要がある。
交通網を整備し、なるべく資材を備蓄しつつも、無駄な発展は抑制するのが理想。

産業比率 Wikiを編集する

娯楽比率30%は余裕を見て大型の施設を建てていけば達成できるはず。
工業比率90%以下はなるべく製油所などの大型施設を削りつつ、運輸か住宅を押し上げて達成するのが無難。

詳細攻略 Wikiを編集する

クリア条件を達成する順番を間違えると大変なことになる。
年間人口増加数1万人、娯楽比率30%以上、工業比率90%以下の順にクリアしていくのが良い(高い工業比率によって急激な人口増加が可能になるため)。
路面軌道総延長60kmは資金が余っているときに達成すればよい。
工業比率の目標については、工場を撤去する方法と他の産業を伸ばす方法の2つがシナリオ内で提示されるが、
どちらか一方だけで達成するのは難しい。最初は他の産業を伸ばして最後に工場を撤去するのが簡単と思われる。

まず、このシナリオでは初期資金が極端に少ないので、できるだけ早く現金を入手する方法を探さなければならない。
最初から所有している子会社はすべて売っても構わない。
既存の港の近くには都合よく資源消費施設があるので、港を利用して資金を稼げば初年度から大きな利益を得られる。
しかし港を利用するには橋を撤去しなければならない。
橋を撤去すると資材工場と街を結ぶ道が途切れてしまうので、別の場所に資材工場を建てる。
資材工場を建てると工業比率が下げにくくなるように思えるが、資材工場を数個建てた程度では産業比率にほとんど影響はない
(裏を返せば工業比率90%以下の達成がものすごく難しいということでもある)。
また、北端にも資源消費施設が林立しているので、北隣町からの輸送でも稼ぐことができる。

マップ南東部には生産能力の落ちた資材工場があるが、トラック駐車場を隣接させればフル稼働する。
これを利用して周辺を開発し、南隣町に鉄道をつなぐこともできる。また、この近辺は漁港ができる確率がかなり高い。
黄浜駅と桜樹駅の間は発展の余地があるが、線路が斜めになっていて駅が造れない。
そこで、斜めの線路を撤去して新たに線路を敷き直すのも良い。マップ北側も線路が通っているが無人地帯なので開発の余地がある。

娯楽比率30%以上はスタジアムを3~4個程度建てれば達成できる。
なお、マップ中央には最初からスタジアムが建っているが、この近くに資材を置くと高確率でスタジアムが撤去されてしまう。
娯楽比率を達成するまでは気をつけたほうが良い。

いばらの道の場合、年間人口増加数1万人は3年目までで達成したほうがよい。マンションを建設・売却しまくって達成する。
マンションは売り出しても早く買い手が見つかる可能性が高いので即時処分する必要はない。
年間人口増加数1万人達成後も、住宅比率をできるだけ100%に近づけるためにマンションの建設は止めてはならない。

最後に工業施設を撤去すれば工業比率90%以下達成となる。このとき工場の周りに公園を敷き詰めておくと価値を下げることができる。

マップ南東には静態保存された路面電車がある。それで観光客が来るわけでもないので売却か利用をしたほうがいい。
 

邪道攻略法 Wikiを編集する

まず、既存のスタジアム周辺を敢えて開発しない

  1. スタジアムの周囲3周を木材置き場で囲う(マンション等は壊さない)
  2. スタジアムを55億円ほどで買う
  3. 木材置き場を道路に敷き直す(一番安い砂利道でOK)
  4. 道路にバス停をたくさん設置する(面倒なら省略可)
  5. 即時売却処分する
  6. また1に戻る

初年度はこのスタジアム売買と港からの輸出と北側エリアの発電所・製油所に資材を送り込んで資金を稼ぎ、
旅客運営は全くしなくて良いので不要な駅は全部取り壊す。子会社も開始後すぐに全部売却。

港へは既存路線を使い黄浜駅の南から西側の藤船に新たに線路を繋げてやりとりすると、
輸送の時間短縮と輸入価格を下げる事が出来る。開始後すぐは海外売却額が乏しい石炭に手を出さなくても良い。
北部の発電所・製油所ではすぐ横に貨物駅を置き、品田に新たに輸送専用線路を引っ張ると良い。
こちらは港と違ってゲーム終盤まで活躍する。特に石油が高騰する可能性が高いので随時石油と石炭の輸入数を変更して対応。

目標は1年目で手持ちの資金600億。ただし6月に税金を徴収されるので、実質400億程度の資金である事に注意。
1年目の3月に一気に敷きたい線路・路面電車を敷いてしまう。
2年目は人口増加をクリアする事が目的なので駅間は短めで良い、なんなら1マスおきでも効果はある。
港からの輸出は面倒くさいだけなので1年目限りで終了。貨物列車は各駅への資材(豆腐運びに活かす。

  • 線路の敷き方例
    • A路線:品田~黄浜~空き地にポツンとある観覧車~東黄浜~スタジアム前~タワー
    • B路線:藤船~黄浜のちょっと南でA路線にぶつかるので並走せず南に~東黄浜~東黄浜から南に~須賀浜
    • C路線:スタジアムから南へ、C路線の須賀浜方面に向けて補完する。
      路面電車はそれぞれの線路に対応させる感じで60km、必要ならそれ以上。

ただし、上の敷き方例では2年目以降スタジアム売買ができなくなるので、
引き続きスタジアム売買で資金を稼ぐ為にはスタジアム周辺8マス程度は開発しないこと。
線路や道路は迂回させて敷く(スタジアム近辺に駅や資材置き場を設置しなければ、通過する線路だけ通すのはそんなに問題ない)。
恐らくスタジアム売買を続けた方が楽。

余った資金で「高層マンション建てる→売り出す→建てる」が今後の基本的な攻略になるので
各駅前はそれなりに建設用地を確保しておくこと(完全に自社土地にするとCPUによる自動発展がなくなる)。
娯楽30%はスタジアムかタワーBを合計3~4個建てればクリアなのでついでにやっておく。もちろん建った後は売る。
これで3年目春~夏くらいには工業90%以下の条件をクリアしているはず。

株式公開し一気に1500億ほど借りて工場買収&撤去で終了しても良いし、
借金を残したくなければ地道に高層マンション建て続けてもクリアは出来る。

工場立ち退き策 Wikiを編集する

やや悪どいが、思い切って工場の近くに駅を建てて市街地化すると、買収せずとも工場が潰れてくれることがある。
特に鶴観の火力発電所を立ち退かせることができれば、かなりの費用が浮くのでおすすめ。
町から離れているので交通網は敷きづらいが、北への接続と駅ひとつだけでも発電所と製油所B2つを潰せることを確認。
ある程度の時間を要するので、計画的に遂行しよう。

いばらの道攻略 Wikiを編集する

資源を利用して収益基盤を確保する。隣町or港から資源は仕入れる。
卸売市場は二車線道路で囲めば稼働率は回復する。
最初から持っている子会社は売却、資材工場と橋は撤去して港を使用可能にし、資材工場を別の場所に建てなおすのが一番無駄がない。
クリア条件とは関係ないが商業系を建てても問題ない。中層ビルや娯楽系隣接のホテルなどは乗客確保できるし、売却益がおいしい。
駅前の好立地の用地は、後々のスタジアムやマンション建設用に先に確保しておくとよい。
資材の供給が追いつかなければ、工業比率を気にせず工場を建ててOK(ただし、後から撤去する)。
株式公開後、銀行から融資を受けて、子会社を建設、売り出ししていく。

  • 年間人口増加数1万人
    • マンション、高層マンション等
  • 娯楽比率30%以上
    • スタジアム等
  • 工業比率90%以下
    • 人口増加と娯楽比率を達成しても、工業比率が100%ということもある。
      他の産業を伸ばすだけでは困難。他社工業系のを買収撤去を行わないと難しい。
      ただし、工業比率を下げるのは人口増加をクリアしてから行うこと。
    • 他の産業を伸ばす。運輸をあげるのが楽かと。
      駅ビル、空港(南中央に一箇所だけ建てられる箇所あり)、新幹線誘致等(開通しなくてもプランの実行だけで比率はあがる)。
  • 工業系の撤去
    所有している工場の撤去(クリア後もプレイするなら後から建てなおす)。
    他社の工業系を買収撤去。工業系の周りに公園を敷き詰めておくと価値を下げることができる。

ライバルデータ Wikiを編集する

港町の産業構造改革/ライバルデータ?:未作成

備考 Wikiを編集する

マップの元ネタ Wikiを編集する

  • 地形のモデルは神奈川県の横浜港周辺だと思われる。
    場所と名前からして元ネタはそれぞれ黄浜駅→横浜駅、桜樹駅→桜木町駅、紅レンガ車庫→横浜赤レンガ倉庫。
    ちょっと気になる?保存路面電車は、磯子区にある「横浜市電保存館」がモデルであろう。
    街や初期配置車両のカラーリングの再現度から、シナリオ製作者のこだわりが見て取れる。
  • マップ内地名の元ネタは京急の駅名、隣町は横浜の周辺都市名から来ていると思われる。
    黄浜→横浜、黄金出→黄金町、奈川新町→神奈川新町、鶴観→鶴見、上大夏→上大岡、
    隣町:品田→品川・蒲田、千更津→千葉・木更津、須賀浜→横須賀・久里浜、藤船→藤沢・大船
  • 会話イベント中の「夢の東西新線」は、「A列車で行こう2001」のシナリオ「東西新線」からきている?

一番上に戻る / indexに戻る


スポンサーリンク