Top / 血脈 / 秘術

秘術(血脈)

概要

正統派スペルユーザー向けの血脈。
ボーナス呪文に有用なものが揃っているため、呪文選択の幅が大きく広がる。
血脈の秘法と血脈の力もツボを押さえた性能で「迷ったらとりあえずこれ」と言う感じ。

スポンサーリンク

血脈詳細

クラス技能

  • 知識・伝承系から1つ好きな技能を選択。

ボーナス特技

  • 戦闘発動
  • イニシアチブ強化
  • 鋼の意志
  • 呪文射程伸張
  • 技能熟練<知識(神秘学)>
  • 呪文熟練
  • 上級呪文熟練
  • 抵抗破り

ボーナス呪文

スポンサーリンク

血脈の秘法

君が呪文修正特技を使用し、少なくとも1レベル以上呪文レベルが上昇するなら、その呪文のセーヴ難易度は+1される。この増加は《呪文レベル上昇》とは累積しない。

血脈の力

秘術の絆

Lv1で習得。
ウィザードの同名特技と同じ性能。
(絆の品、使い魔の選択。)

秘術の矢

Lv1で習得。

  • 1日に3+【知】修正に等しい回数使用できる。
  • 標準アクションで発動。
  • 30ft以内の敵1体に対し、遠隔接触攻撃で魔法の光線を放つ。
    • 1d4+2クラスレベル毎に1ダメージを与える。

戦闘発動の達人

Lv3で習得。

  • 呪文や擬似呪文を使用するときの集中判定に+2のボーナスを得る。
    • Lv9で+3、Lv15で+4のボーナスを得る。
  • Lv20になるとこの能力は秘術の極みと置き換えられる。

新たなる秘術

Lv9 / 13 / 17で習得。

  • ソーサラー/ウィザード呪文リストから1つ習得する。
  • この呪文は使用できるレベルの呪文である必要がある。

系統の力

Lv15で習得。

  • 魔法の系統を1つ選択する。
    • その系統に属する呪文は難易度+2向上する。
  • このボーナスは呪文熟練によるボーナスと累積する。

秘術の極み

Lv20で習得。

  • 呪文や擬似呪文を使用するときの集中判定は自動成功する。

引用元