Top / 種族

種族

種族一覧

人間

人間はどんなクラスにも適応できる汎用性を持つ
任意の能力値ボーナス、追加の特技で選んだクラスの性能をさらに伸ばすことができる。
低Lv時ほどやりくりが難しい仕様の中、いきなり特技を1個追加で取れるのは大きい。
技能ポイントの面でも優遇されているので「種族で迷ったらこいつ」的な便利さがある。

人間の種族的特徴

  • 能力値:任意の選択した能力値1つを+2。
  • 中型サイズ:サイズによるボーナスもペナルティもない。
  • 通常速度:30フィートの基本移動速度を持つ。
  • ボーナス特技:Lv1の時点で1つの追加特技を得る。
  • 熟練:Lv1の時点と以降レベルを得る毎に1ポイントの追加の技能ポイントを得る。

エルフ

知力補正と「エルフの魔法」のおかげで秘術系クラスと相性が良い
弓を活かしたレンジャーのような前衛系も出来なくはない。
耐久力ペナルティのせいで打たれ弱いので注意。

エルフの種族的特徴

  • 能力値:敏捷+2、知力+2、耐久力-2。
  • 中型サイズ:サイズによるボーナスもペナルティもない。
  • 通常速度:30フィートの基本移動速度を持つ。
  • 鋭き五感:〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
  • エルフの魔法:呪文抵抗を打ち破るための術者レベル判定に+2の種族ボーナスを得る。また、魔法のアイテムの特性を鑑定する際の〈呪文学〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
  • エルフの耐性:魔法的な睡眠効果に対する完全耐性を持ち、心術呪文と心術効果に対するセーヴィング・スローに+2の種族ボーナスを得る。
  • エルフの武器精通:ロングボウ(コンポジット・ロングボウを含む)、ロングソード、レイピア、ショートボウ(コンポジット・ショートボウを含む)に習熟している。また、“エルヴン”と名前に記載のある武器を全て軍用武器として扱う。

スポンサーリンク

ドワーフ

非常に粘り強く戦える防御面に優れた種族。
判断力を活かした信仰系クラス、耐久力&「ゆっくり着実に」で前衛系クラスと相性が良い

ドワーフの種族的特徴

  • 能力値:耐久力+2、判断力+2、魅力-2
  • 中型サイズ:サイズによるボーナスもペナルティもない。
  • 遅い速度:20フィートの基本移動速度を持つ。
  • ゆっくり着実に:基本速度は20ftだが、鎧や荷重による速度ペナルティを受けない。
  • 踏ん張り:地面に立っている間、突き飛ばし、足払い攻撃に抵抗する際の戦技防御値に+4の種族ボーナス。
  • 頑丈:毒、呪文、擬似呪文能力に対するセーヴィング・スローに+2の種族ボーナス。
  • 防衛訓練(巨人):対象のモンスターに対してACに+4の回避ボーナス。
  • 嫌悪(オーク)(ゴブリン類):対象種族に対する攻撃ロールに+1のボーナス。
  • 鋭き五感:〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
  • ドワーフの武器精通:バトルアックス、ヘヴィ・ピック、ウォーハンマーに習熟する。加えて“ドワーヴン”と名前に記載された武器を全て軍用武器として扱う。

ノーム

サイズと筋力ペナルティの関係で前衛クラスとは絶望的に相性が悪い。
反面、魅力が要求されるバード、クレリック、ソーサラーあたりとは非常に相性が良い
耐久力の高い中衛としての活躍が期待できる。

ノームの種族的特徴

  • 能力値:耐久力+2、魅力+2、筋力-2。
  • 小型サイズ:ACと攻撃ロールに+1のサイズ・ボーナス、戦技ボーナスと戦技防御値に-1のペナルティ、〈隠密〉判定に+4のサイズ・ボーナス。
  • 遅い速度:20フィートの基本移動速度を持つ。
  • 鋭き五感:〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
  • 嫌悪(爬虫類)(ゴブリン類):対象種族に対する攻撃ロールに+1のボーナス。
  • 防衛訓練(巨人):対象のモンスターに対してACに+4の回避ボーナス。
  • 幻術抵抗:幻術呪文と効果に対するセーヴィング・スローに+2の種族ボーナス。
  • ノームの魔法:幻術呪文のセーヴDCは全て+1される。【魅力】が11以上あるノームは以下の擬似呪文能力を得る:1回/日 ダンシング・ライツ、ゴースト・サウンド、プレスティディジテイション、スピーク・ウィズ・アニマルズ。術者レベルはノームのレベルに等しく、セーヴDCは10+呪文レベル+【魅力】修正値。
  • 偏執狂:〈製作〉か〈職能〉の選択したカテゴリ1つに対し、+2の種族ボーナス。

ハーフリング

サイズと筋力ペナルティの関係で前衛クラスとは絶望的に相性が悪い。
ただし、防御性能はかなりのものなので防御面に期待したクラス選択はあり
例えば、パラディンであったり前衛型のレンジャーやバードあたりは相性が良いだろう。
もちろん「ハーフリングはローグ」と言う定番もあり。

ハーフリングの種族的特徴

  • 能力値:敏捷力+2、魅力+2、筋力-2。
  • 小型サイズ:ACと攻撃ロールに+1のサイズ・ボーナス、戦技ボーナスと戦技防御値に-1のペナルティ、〈隠密〉判定に+4のサイズ・ボーナス。
  • 遅い速度:20フィートの基本移動速度を持つ。
  • 大胆不敵:[恐怖]に対する全てのセーヴィング・スローに+2の種族ボーナス。このボーナスはハーフリングの幸運と累積する。
  • 確かな足取り:〈軽業〉と〈登攀〉判定に+2の種族ボーナス。
  • 鋭き五感:〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
  • ハーフリングの幸運:全てのセーヴィング・スローに+1の種族ボーナス。

ハーフエルフ

人間同様に高い汎用性が特徴の種族
「技能熟練」特技を習得できるが、人間の技能ポイントボーナスのほうが上。
そのため特技ボーナスがない人間ような感じになっている。ちょっと中途半端。
原作の「多才(マルチクラスボーナス)」がなくなってるのが残念。

ハーフエルフの種族的特徴

  • 能力値:任意の選択した能力値1つを+2。
  • 中型サイズ:サイズによるボーナスもペナルティもない。
  • 通常速度:30フィートの基本移動速度を持つ。
  • 鋭き五感:〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
  • エルフの耐性:魔法的な睡眠効果に対する完全耐性を持ち、心術呪文と心術効果に対するセーヴィング・スローに+2の種族ボーナスを得る。
  • 適応能力:Lv1の時点で《技能熟練》をボーナス特技として得る。

ハーフオーク

人間同様に高い汎用性が特徴の種族
「オークの凶暴性」は高難易度モードの保険として優秀。
ただし、上記を除くと目立つ長所がなく人間の劣化版に近いイメージ。

ハーフオークの種族的特徴

  • 能力値:任意の選択した能力値1つを+2。
  • 中型サイズ:サイズによるボーナスもペナルティもない。
  • 通常速度:30フィートの基本移動速度を持つ。
  • 熟練:Lv1の時点と以降レベルを得る毎に1ポイントの追加の技能ランクを得る。
  • 威嚇:〈威圧〉判定に+2の種族ボーナスを得る。
  • オークの武器精通:グレートアックスとファルシオンに習熟している。また、“オーク”と名前に記載のある武器を軍用武器扱いになる。
  • オークの凶暴性:1日1回、ヒット・ポイントが0未満で死亡していない状態に陥ったとき、1ラウンドの間満身創痍状態として行動することができる。行動後次のターンにヒット・ポイントが0以上に至ってない場合、即座に意識を失い瀕死状態になる。
  • 鋭き五感:〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

スポンサーリンク

アアシマール

天界の血を受け継ぐ種族。
人間とは別のベクトルで汎用性が高い優秀な種族
なんといっても能力値が他種族よりも+2だけ勝っている点が長所。
(出自に応じてボーナス対象の能力値が変動する。)
たかが2点でもゲーム内では非常に大きな差となる。

アアシマールの種族的特徴

  • 能力値:以下の祖先に応じたボーナスを受ける。
  • 中型サイズ:サイズによるボーナスもペナルティもない。
  • 通常速度:30フィートの基本移動速度を持つ。
  • 祖先(出自):以下の出自に応じた特性を得る。
  • 後光:任意に頭上に光を発生させられる。後光使用時、盲目や眩み状態に対するセーヴに+2の状況ボーナスを得る。
  • 天上の抵抗:[強酸]、[雷撃]、[氷雪]に対する抵抗5を持つ。

アアシマールの出自

  • アアシマール
    • 能力値:判断力+2、魅力+2
    • 技能判定:(交渉の)説得+2、知覚+2
    • 呪文:シアリング・ライト
  • アイディルキン(アガシオン血族)
    • 能力値:耐久力+2、魅力+2
    • 技能判定:伝承(自然)+2、知覚+2
    • 呪文:サモン・ネイチャーズ・アライIII
  • エンジェルキン(エンジェル血族)
    • 能力値:筋力+2、魅力+2
    • 技能判定:伝承(宗教)+2、魔法装置使用+2
    • 呪文:レッサー・レストレーション
  • エンバーキン(ペリ血族)
    • 能力値:知力+2、魅力+2
    • 技能判定:伝承(自然)+2、知識(神秘学)+2
    • 呪文:バーニング・アーク
  • プリュームキス(ガルーダ血族)
    • 能力値:敏捷力+2、判断力+2
    • 技能判定:機動力+2、運動+2
    • 呪文:インビジビリティ
  • ミューズタッチト(アザータ血族)
    • 能力値:敏捷力+2、魅力+2
    • 技能判定:説得+2、機動力+2
    • 呪文:グリッターダスト
  • ローブリンガーズ(アルコン血族)
    • 能力値:耐久力+2、判断力+2
    • 技能判定:説得+2、知覚+2
    • 呪文:ホールド・パーソン

ティーフリング

魔物の血を受け継ぐ種族。
出自に応じて性能が大きく変化する。
出自の選択によって能力値の割振の自由度が高いので特化型作成に向く。

ティーフリングの種族的特徴

  • 能力値:以下の出自に応じたボーナスを受ける。
  • 中型サイズ:サイズによるボーナスもペナルティもない。
  • 通常速度:30フィートの基本移動速度を持つ。
  • 出自:以下の出自に応じた特性を得る。
  • 魔物の抵抗:[雷撃]、[火炎]、[氷雪]に対する抵抗5を持つ。

ティーフリングの出自

  • グリムスポーン(ダイモンスポーン)
    • 能力値:敏捷力+2、知力+2、判断力-2
    • 技能判定:手先の早業+2、(はったりの)説得+2
    • 呪文:1日1回 フリジッド・タッチの呪文を使用できる
    • その他:強酸耐性+5
  • シャックルボーン(キュトンスポーン)
    • 能力値:耐久力+2、魅力+2、判断力-2
    • 技能判定:機動力+2、(威圧の)説得+2
    • 呪文:1日1回 ウェブの呪文を使用できる
    • その他:ACへの外皮ボーナス+1
  • スパイトスポーン(ディヴスポーン)
    • 能力値:敏捷力+2、魅力+2、知力-2
    • 技能判定:(交渉の)説得+2、知識(世界)+2
    • 呪文:1日1回 サウンドバーストの呪文を使用できる
    • その他:心術呪文に使用時のセーヴ難易度+1
  • ティーフリング
    • 能力値:敏捷力+2、知力+2、魅力-2
    • 技能判定:(はったりの)説得+2、隠密+2
    • 呪文:1日1回 レジスト・エナジーの呪文を使用できる
    • その他:以下の条件を満たすと魅力ペナルティを受けなくなる
      • 血脈が地獄の者 or 奈落の者
      • クラスがソーサラー or エルドリッチ・サイオン(メイガス)
  • ハンガーシード(オニスポーン)
    • 能力値:筋力+2、判断力+2、魅力-2
    • 技能判定:説得+2
    • 呪文:1日1回 インビジビリティの呪文を使用できる
    • その他:戦技判定と戦技防御値+2
  • ビーストブルード(ラークシャスポーン)
    • 能力値:敏捷力+2、魅力+2、判断力-2
    • 技能判定:知覚、(はったりの)説得+2
    • 呪文:1日1回 ブラインドネスの呪文を使用できる
    • その他:ダメージ減少2/刺突
  • ピットボーン(デーモンスポーン)
    • 能力値:筋力+2、魅力+2、知力-2
    • 技能判定:手先の早業+2、知覚+2
    • 呪文:1日1回 ストーン・コールの呪文を使用できる
    • その他:クリティカルヒット確定の全ロールに+2判定
  • ファウルスポーン(デモダンドスポーン)
    • 能力値:耐久力+2、判断力+2、知力-2
    • 技能判定:伝承(宗教)+2、(威圧の)説得+2
    • 呪文:1日1回 カコフォナス・コールの呪文を使用できる
    • その他:対インクィジター、パラディンへの攻撃ロールに+1判定
  • フォルトスポーン(アスラスポーン)
    • 能力値:敏捷力+2、判断力+2、知力-2
    • 技能判定:知識(神秘学)+2、知識(世界)+2
    • 呪文:1日1回 ヒディアス・ラフターの呪文を使用できる
    • その他:心術効果へのセーヴに+2の種族ボーナス
  • ヘルスポーン(デビルスポーン)
    • 能力値:耐久力+2、判断力+2、魅力-2
    • 技能判定:(交渉の)説得+2、知覚+2
    • 呪文:1日1回 スコーチング・レイの呪文を使用できる
    • その他:以下の条件を満たすと魅力ペナルティを受けなくなる
      • 血脈が地獄の者
      • クラスがソーサラー or エルドリッチ・サイオン(メイガス)
  • マザーレス(クリフォトスポーン)
    • 能力値:筋力+2、判断力+2、知力-2
    • 技能判定:機動力+2、伝承(自然)+2
    • 呪文:1日1回 ブラーの呪文を使用できる
    • その他:1d6の噛みつき攻撃を副次攻撃として得る