Top / 血脈 / 地獄の者

地獄の者(血脈)

概要

対善、と言うよりも炎に特化した血脈。
いろいろと中途半端。際立つ長所が少ない。

血脈詳細

クラス技能

  • 知識(世界)

ボーナス特技

  • 無視界戦闘
  • 攻防一体
  • 欺きの名人
  • 持続時間延長
  • 武器落とし強化
  • 鋼の意思
  • 技能熟練<知識(神秘学)>
  • 抵抗破り

ボーナス呪文

スポンサーリンク

血脈の秘法

魅惑副系統の呪文を使用する際、その呪文のセーヴ難易度は+2される。

血脈の力

腐敗の接触

  • 標準アクションで発動。
  • 近接接触攻撃でクリーチャー1体を怯え状態にする。
    • 怯え効果はクラスLvの半分(最低1ラウンド)まで持続する。
    • 複数接触しても効果は累積しないが、持続時間は加算される。
  • 1日に3+【魅】修正に等しい回数使用できる。

地獄の抵抗力

Lv3で習得。

  • 火炎に対する抵抗5と、毒に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。
  • Lv9の時点でこの抵抗は10に、セーヴへのボーナスは+4に増える。

地獄の炎

Lv9で習得。

  • 標準アクションで発動
  • 60ft以内の半径10ftの範囲に地獄の炎を解き放つ。
    • この炎はクラスLv毎に1d6の火炎ダメージを与える。
  • 反応セーヴ(難易度10+クラスLvの1/2+【魅力】修正値)でダメージ半減
    • 善のクリーチャーはセーヴ失敗で、クラスLvに等しいラウンド 怯え状態になる。
  • 1日1回使用できる。
    • Lv17で1日2回、Lv20で1日3回に増加する。

Lv15で習得。

  • 近接攻撃に対するACに+3の回避ボーナスを得る。
  • 移動困難地形などの地面に基づく効果を無効化する。

深淵の力

Lv20で習得。

  • 火炎と毒に対する完全耐性を得る。
  • 強酸と氷雪に対する抵抗10を得る。

引用元