Top / TIPS / スキル限界突破

目次

概要

期限付き移籍を利用してスキルのLVを強制的に上げる方法。
これをうまくつかえば、本来は慣れない系統のプレイスタイルの修得も可能

手順(基本情報)

この方法でスキルの限界突破をすれば通常では不可能なプレスタにもなれる

  1. 上位のプレスタを取得する
    • 中級でも上級でも可
    • 上級プレスタのスキル(LV6)を初級プレスタに転送することも可能。
      • 上級→上級・上級→中級・上級→初級や中級→初級への転送が可能。
  2. 上位のプレスタで転送したいスキルを所持しているスキルの中で一番高いLvにする
    • ただしプレスタの限界まで上げては駄目(後述)
  3. 下位のプレスタ(転送先)で、転送したいスキルをLV1でもいいので覚えておく
    • 下位のプレスタが取得してないスキルは転送できない(取得不能なスキルは転送不可)
      • 初級プレスタは取得不可スキルが多いので、中級プレスタへの転送がオススメ
  4. スキルを転送したいプレスタにして期限付き移籍にだす
    • 期限付きの上昇判定は一番高いスキルに対して行われる
      • 転送したいスキルのLVと複数スキルのLVが同じ場合は転送が失敗する可能性が高いので注意(要検証)

スポンサーリンク

プレスタ変更例

中級から1つのスキル転送で比較的手軽に実現できる例です。
他にも探せばあるかもしれません。

  • 上級&2つ以上の転送ならほとんどのプレスタに変更できるはず。
    • 数が多いので各自調べて下さい
  • スキルを上書きする等の手間が必要なケースは省略しています。

ストッパー基点

  • ストッパー→アンカー
    • ウォールからベルベットパスLv3を転送

スイーパー基点

  • スイーパー→ハードマーカー
    • センターバックからハイパワーヘッドLv3を転送

サイドバック基点

  • サイドバック→サイドアタッカー
    • ウォールからベルベットパスLv3を転送

守備的MF基点

  • 守備的MF→ターゲットマン
    • センターバックからハイパワーヘッドLv3を転送

セントラルMF基点

  • セントラルMF→ウォール
    • クラッシャーからダッシュパスカットLv3を転送
  • セントラルMF→アンカー
    • クラッシャーからダッシュパスカットLv3を転送
  • セントラルMF→アタッカー
    • サイドハーフからテクニカルドリブルLv3を転送

パサー基点

  • パサー→ウォール
    • アンカーからテクニカルタックルLv3を転送

ウイング基点

  • ウイング→トリックスター
    • センターフォワードからテクニカルトラップLv3を転送
  • ウイング→ターゲットマン
    • センターフォワードからテクニカルトラップLv3を転送

ドリブラー基点

  • ドリブラー→ムービングFW
    • チャンスメイカーからコントロールシュートLv3を転送

スポンサーリンク

実例

実例1:セントラルMF(こっちのほうが簡単)

セントラルMFの選手での例
出来ればプレスタがデフォのセントラルMFのみの状態が楽です。
(余計な上位プレスタ覚えているとレベル3以上のスキルを消す作業が必要になる。)

まずセントラルMFから必要なスキルを取得してクラッシャーを覚える。
そしてクラッシャーのダッシュパスカットのスキルレベルを3にする。
(これ以外にスキルレベルが3以上のスキルがない状態にすること。)
ここでダッシュパスカットをクラッシャー上限の4まで上げてしまうと転送されなくなるので注意。

次にプレスタをセントラルMFに戻す。
(転送のためにセントラルMFにダッシュパスカットを必ずつけること。)
プレスタをセントラルMFに戻した状態で期限付き移籍に出します。
期限付き移籍から戻ってきたらセントラルMFにダッシュパスカットがスキルレベル4となって転送されています(されてなかったら何か手順が間違ってます。)
これでセントラルMFから本来は覚えられない(ダッシュパスカットの上限がレベル1なので)はずの「アンカー」と「ウォール」になれます。
アンカー取得してからその上位のレジスタやパスマスターにすることももちろん出来ます。
wikiにもセントラルMFからパスマスターにする例が載ってますが上記の方法のが簡単で早いです

自分は更にここからセントラルMF→守備的SB→バランス型SBにして高速ドリブル5を覚えて、スキル転送を利用してセントラルMFに高速ドリブル6も転送でつけてます。
それでセントラルMFからサイドアタッカー→パーフェクトウイングにも出来るので
セントラルMFにスキル転送でこれらのプレスタ覚えさせる最大の利点は覚醒でも利用出来るようになることです
セントラルMFからデフォでなれる中級スタイル(ダイナモ、クラッシャー、守備的SB、サイドハーフ)はどれも覚醒の効果が微妙なので。

実例2:セントラルMF

セントラルMFの選手での例
あくまでセントラルMFからパスマスターへの説明だけど
①まずはサイドハーフ→サイドマスターに 次にサイドマスターの高速フィードを3に
サイドマスターの高速フィードの上限は4だけど、上限まで上げてしまうと転送されない

②サイドハーフ・サイドマスターが持っているベルベットパス4 パワーチャージ4 テクニカルドリブル3
を他のスキルを覚えて上書きして消す(テクニカルドリブル3は消さなくてもいいかもしれない)
この理由は上げたいスキルの数値を上回るスキルがあると、これらに阻まれて転送されないから

③プレースタイルをサイドハーフにして期限付き移籍に出す 高速フィードが4に

④プレースタイルはサイドハーフのまま、パスマスターが求める残りのスキル
ベルベットパス4 コントロールFK3 ダッシュパスカット2まで上げる
これでパスマスターが求める条件がそろうのでパスマスターに行ける・・・はず


手順は先にファンタジスタのコントロールシュート5をパサーに
次にフリーロールのダッシュパスカット6をパサーに


スポンサーリンク