選手/プレースタイル/MF

目次 Wikiを編集する

守備的MF系 Wikiを編集する

  • DMFを中心としたMF用のプレースタイルの一つで、守備に重点を置いたスキル構成が特徴。
  • 守備専業タイプと守備に加え基点ともなるタイプに分岐する。
  • クラッシャー系は、守備的チームカラー(サイド強化、センター強化)を発動させたい時に有用(攻撃的なチームカラーの発動はセントラルMFの方が向いている)。
  • 下位・中位プレースタイルは、覚醒時にCB、SMのポジション適性も幾分伸びる(他系統同様、下位プレースタイルの方がポジション適性の伸びが高い)。

初期:守備的MF Wikiを編集する

プレーメイカー(パサー系)、サイドハーフ(ウイングバック系)、センターバック(ストッパー系)、ウォール、リベロ(共にスイーパー系) に派生可能

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)-(1)-(1)(1)(2)(2)--(1)(2)(2)(3)(3)

中級:クラッシャー Wikiを編集する

必要:テクニカルタックルLv2 パワーチャージLv2 ダッシュパスカットLv1

エースキラー、オールラウンドDF(共にストッパー系)、インプレグナブルDF(スイーパー系) に派生可能

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)-(2)-(3)-(3)(3)(1)(2)(2)(3)2(5)2(5)1(4)

中級:アンカー Wikiを編集する

必要:ベルベットパスLv2 ダッシュパスカットLv2 テクニカルタックルLv1

パスマスター(パサー系)、フリーロール(スイーパー系)に派生可能

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)-(2)-(2)(3)2(5)(4)-(1)(2)(2)1(4)(3)2(5)

上級:ハードワーカー Wikiを編集する

必要:テクニカルタックルLv4 パワーチャージLv4 ダッシュパスカットLv3 ベルベットパスLv2

守備重視のMFプレースタイル。
守備系の3スキル合計は(DFも含めた)全プレースタイルで最高。パスやフィードもLv.5~6まで上げられるので中盤後方では比較的使いやすいスキル構成。
守備的チームカラー(サイド強化、センター強化)を発動させたい時に有用。
守備スキルの高さゆえに、(ポジション適性に問題が無ければ)DFラインでも活用可能だが、チームカラーの発動には役立たないこと、ヘディングスキルが大幅に見劣りする(=セットプレーの足を引っ張りうる)ことに注意。

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(1)(3)(1)(4)(2)2(6)(5)(2)(3)(3)(4)4(7)4(7)3(6)

上級:レジスタ Wikiを編集する

必要:ベルベットパスLv4 ダッシュパスカットLv4 テクニカルタックルLv3 高速フィードLv2

守備スキルと攻撃の基点としてのスキル(パス・フィード)の高水準での両立を特徴としたMFプレースタイル。

中盤後方では比較的使いやすいスキル構成ながら、チームカラーの発動への貢献という観点からは若干劣る
(DMとしてはレジスタシステム程度しか見るべきものがない。OM・SMだけでチームカラー発動できる場合は気にする必要はないが)
なお、OMとして起用するのであればサイドアタック・MFの発動条件を満たすが、この場合、シュート・ドリブルスキルが大きく見劣りする点がネックか。

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(1)(4)(1)(3)(5)4(7)2(6)(2)(2)(3)(3)3(6)(4)4(7)

セントラルMF系 Wikiを編集する

  • 中盤の選手用プレースタイル。攻守両面で活躍できるが、やや攻撃よりという立ち位置。
  • 攻撃的なチームカラーの発動に役立つ点も魅力。
  • 下位・中位プレイスタイルは、覚醒時にSMのポジション適性も幾分伸びる(他系統同様、下位プレースタイルの方がポジション適性の伸びが高い)。

初期:セントラルMF Wikiを編集する

クラッシャー(守備的MF系)・サイドハーフ(ウイングバック系)・守備的SB(サイドバック系) に派生可能

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)-(3)--(2)(2)(3)(1)(1)(1)-(2)(2)(1)

中級:ダイナモ Wikiを編集する

必要:弾丸シュートLv2 高速フィードLv2 パワーチャージLv1

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)-2(5)(1)(3)-(3)2(5)(3)(3)(2)(2)(2)1(4)-

上級:オールアクションMF Wikiを編集する

必要:弾丸シュートLv4 高速フィードLv4 パワーチャージLv3 高速ドリブルLv2

名前の通り、シュート・パス・ドリブル・タックルと満遍なくスキルが上がるプレースタイル。

最大の魅力は、上位チームカラー(優先度A)をLv.3で発動させるために必要なMF用チームカラー(センターアタック・MF、サイドアタック・MF、バランス・MF)の発動に貢献できる点であり、チームカラー重視でプレイする場合には、事実上、チーム編成の要となりうる。

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(1)4(7)(2)(4)(1)(5)4(7)(4)2(6)(3)(3)(3)3(6)(2)

パサー系 Wikiを編集する

  • パス・FK能力に特徴があるMF用プレースタイル。
  • 基本的に攻撃重視のプレイスタイルであり、覚醒時の守備能力の伸びも低めだが、上位スタイルでは幾分守備にも配慮したプレースタイル(パスマスター)も選択可能。
  • 上位プレースタイルは、FKを任せる選手のプレイスタイルとしては、マルチフィニッシャーと並んで使い勝手が良い。
  • 下位・中位プレースタイルは、覚醒時にSMのポジション適性も幾分伸びる(他系統同様、下位プレイスタイルの方がポジション適性の伸びが高い)。

初期:パサー Wikiを編集する

チャンスメイカー(セカンドストライカー系)・アンカー(守備的MF系)・リベロ(スイーパー系) に派生可能

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(1)---(2)(3)(3)(1)-(2)(3)(1)-(2)

中級:プレーメイカー Wikiを編集する

必要:テクニカルトラップLv2 ベルベットパスLv2 高速フィードLv1

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(2)(2)--(4)2(5)1(5)(3)(1)(3)2(5)--(3)

上級:司令塔 Wikiを編集する

必要:テクニカルトラップLv4 ベルベットパスLv4 高速フィードLv3 コントロールFKLv2

パス・FK・トラップスキルに特化した攻撃重視型のプレースタイル。
残ったスキル枠を、クロス、コントロールシュート、テクニカルドリブルのいずれかに割り振ることが出来るため、選手の特性を活かしやすいのが魅力。

上位チームカラー(優先度A)をLv.3で発動させることを狙う場合、サイドアタック・MFしか発動に貢献できない点は残念
(OMでの起用が前提。なお、センターアタック系の優先度Cのチームカラーは、やや使い勝手の悪いパス&ムーブしか発動に役立たない)。

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(4)(3)(1)(1)2(7)4(7)3(6)(5)(3)(4)4(7)(2)(1)(3)

上級:パスマスター Wikiを編集する

必要:ベルベットパスLv4 高速フィードLv4 コントロールFKLv3 ダッシュパスカットLv2

パス・FKスキルに特化しつつ、守備スキルもある程度上げられる攻守両用型プレースタイル。
MFとしては、守備能力は守備的MF系・サイドマスターに次いで高いため、中盤の底などで守備力を発揮させたい場合に有用。
反面、シュート、ドリブルスキルにはさして見るべきものがない。

上位チームカラー(優先度A)をLv.3で発動させることを狙う場合、サイドアタック・MFしか発動に貢献できない点は残念
(OMでの起用が前提。なお、センターアタック系の優先度Cのチームカラーは、やや使い勝手の悪いパス&ムーブしか発動に役立たない)。

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(3)(2)(1)(2)3(7)4(7)4(7)(3)(2)(3)(5)(4)(3)2(5)

攻撃的MF系 Wikiを編集する

  • 攻撃特化型のMF・FW用プレースタイル。
  • シュート、パス、ドリブルスキルに秀でたスキル構成。
  • 守備スキルにみるべきものは無く、覚醒時の守備能力の伸びは、極めて低い(FWのセカンドストライカー系やポストプレイヤー系以下)。
  • 攻撃的なMF用チームカラーを発動させたい時に有用。
  • FWとして使う場合には、チームカラー発動にほぼ貢献できない(例外はゼロトップのみ)点に注意。
  • 下位・中位プレイスタイルは、覚醒時にFW、SMのポジション適性も幾分伸びる(他系統同様、下位プレースタイルの方がポジション適性の伸びが高い)。

初期:攻撃的MF Wikiを編集する

チャンスメイカー(セカンドストライカー) に派生可能

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(2)(3)(2)-(1)(3)(1)(1)(1)(3)-(1)--

中級:アタッカー Wikiを編集する

必要:弾丸シュートLv2 テクニカルドリブルLv2 ベルベットパスLv1

ファンタジスタ(セカンドストライカー) に派生可能

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)(3)2(5)(2)(1)(2)1(4)(2)(3)(3)2(5)(2)-(1)-

上級:トップ下 Wikiを編集する

必要:弾丸シュートLv4 テクニカルドリブルLv4 ベルベットパスLv3 コントロールシュートLv2

シュート、パス、ドリブルと攻撃スキルがバランスよく揃うプレースタイル。
一方、FK、ヘディングスキルがかなり見劣りするほか、守備スキルが極めて低いのが特徴。

攻撃的なMF用チームカラー(特に、上位チームカラーと相性の良いセンターアタック・MF、サイドアタック・MF)を発動させたい時に有用。

CシュートDシュートボレーヘッドFKパスフィードクロスHドリTドリトラップタックルチャージパスカット
必要(MAX)2(6)4(7)(3)(2)(3)3(6)(4)(4)(4)4(7)(3)(2)(2)(1)

スポンサーリンク


一番上に戻る / indexに戻る