Top / 発売前情報

発売前情報

新要素

  • ゲームエンジンの変更。
    • グラフィックから戦闘まで全てを一新。
  • Dynamic Multi Range Battle(シームレス&リアルタイムバトル)
    • エンカウントから戦闘開始までの流れがシームレスに。
      • BGMもシームレスに切り替わる。
    • 戦いはリアルタイムで進行するコマンドバトル。
      • 戦闘中でも移動が可能で位置関係や距離が戦闘に影響を及ぼす。
      • 障害物や地形の高低を活かすことも大事。
    • アクセル&ブレーキ操作で移動をする。
  • ポチ(犬の仲間キャラ)の追加
    • 柴犬タイプ(シリーズ従来の犬種)。
    • 旧作では3人パーティーだったが本作では「3人+1匹」パーティーとなる。
    • 戦車に乗ることは出来ずに戦闘面では若干頼りない。
    • 戦闘には連れて行かずに拠点の座敷犬として飼うことも可能。
  • 新規戦車、新規装備、新規モンスターの追加

変更点

戦闘

  • 射撃モードは自由射撃に変更
    • 照準を補佐するエイムアシスト的な機能あり。
  • オートアタックの実装
    • オートアタックを実行すると自動的に攻撃する。
      • もちろん途中で停止することも可能。
      • 弾を撃ちきると自動でコマンドが表示される。
    • 完全オートにすることは難しく。手動(コマンド)との切り替えが大事。
    • 人間戦でもオートアタックを実行可能。
  • 敵と気配メーター
    • 敵に近づくと気配メーターが上昇し、最大値になると見つかる=戦闘発生。
      • 戦闘発生後は素早さに応じて順番に行動が回ってくる。
    • 敵に見つかる前であれば射撃モードで先制攻撃が可能。
      • 敵の射程外からの狙撃すればかなり有利に戦いを始められる。
    • 味方と敵の位置関係がとても重要。
      • 一部の敵は特殊行動で周囲の敵を呼び寄せることがある。
  • 味方と敵の射程
    • 兵器によって射程が大きく異なる。
      • 射程が長い武器なら安全距離から射撃モードを使用できる。
    • 同様に敵にも射程距離が存在し、これを把握することが重要となる。
      • 敵の射程外へ位置取りしながら戦えば有利に戦える。
      • うまく戦車を操れば賞金首もハメることができる。
  • 戦闘から逃走は距離が大事
    • 当然、敵は追ってくるので地形等を利用すると距離を開けやすくなる。
    • 敵から一定距離離れれば逃走成功。

ストーリー

  • ストーリーの大筋にはあまり変化はない
    • ただし、仲間のイベントの追加や序盤の展開等の細部の変化は多い。
  • ストーリーの自由度が大幅にアップ
    • 仲間の加入を断れるようになった。
      • 最初から最後までソロプレイが可能。
    • 戦闘が必須となる敵は存在しない。
      • ラスボス以外はどの敵も戦闘を避けられる。
  • メインクエストの他、多数のサブクエストを追加
  • 絶滅メーターの仕様の大幅変更
    • 旧作ではストーリーの進行度を示す要素だった。
    • 今作ではエリア内のモンスターの総数・強さを示すものになった。
      • モンスターを倒すほどメーターが低下していく。
      • メーターが低下するとモンスターが弱体化し、数自体も減っていく。
      • モンスターを放置していると徐々に回復していく(数や強さが戻る)。
    • 普通にプレイしていれば絶滅度は徐々に減少していく調整になっている。

フィールド、ダンジョン

  • フィールドを一新
    • フィールドにあるオブジェクト(廃墟とか残骸とか)が増加。
    • 昼と夜の表現が進化(夜はかなり暗くなる)。
      • 敵の配置(賞金首も対象)が変化し、昼夜でフィールドの内容が大きく変化。
      • 一部のモンスターは昼夜で行動パターンが変化する。
    • アイアンベースの見た目も変更。
  • ダンジョン(リメインズ)を一新
    • 数を減らし、1つ1つのクオリティを向上。
    • 多数のギミックを追加。
    • フィールド同様に敵が表示され、射撃モードも使用可能。
  • 壊せる壁のようなフィールドオブジェクト(ギミック)を多数追加
    • ショートカットだけでなく賞金首との戦闘に使えたりもする。
      • 例:アイアンベース西方面の壁を破壊すればいきなりラスボス戦える。
    • もちろんリメインズ内にもオブジェクトが用意されている。
  • 戦闘中以外ならいつでもファストトラベル可能(ドッグシステム)
    • 人間だけでもFTが可能(旧作ではドッグシステムは戦車の機能だった)。
  • フィールドの埋蔵物の調整
    • 金属探知機は所持していれば自動では発動する。
    • フィールド上のスクラップ(くず鉄)は時間経過でリスポーンする。

キャラクター

  • 各キャラクターを掘り下げるイベントの追加
    • 友好度を上げることでイベントが発生する。
    • 仲間にするのを断ることもできる。
  • ポMが仲間になる
    • パーティーメンバーとして探索・戦闘に連れて行ける。
    • 性能的には大器晩成タイプの特殊キャラ。
  • 職業を廃止し、「スキルツリー制」を導入
    • 5種のツリーからスキルを選択して習得する。
      • DRIVE(運転)、REPAIR(修理)、MEDICAL(医療)、MILLITALY(戦闘)、SURVIVE(生存)
    • キャラ固有のスキルもあり。
      • ポチにも固有あり。
  • スキルは振り直し可能(スキルリセットあり)
    • ただし、振り直しにはアイテムが必要。
    • 全スキル習得も可能だがかなり時間がかかる(周回が必須)。

戦車

  • 戦車ごとにフィールドでの操作感が大きくことなる
    • シャシーごとに移動速度や回転(旋廻)速度が異なる。
    • 砲塔の旋回速度もある程度はシャシーに依存する。
  • 改造の自由度の向上
    • 固定武装は廃止。全戦車で全穴を自由に設定可能。
    • Wエンジン化はすべてのシャシーで可能。
      • ただし、Wエンジン化するには対応した特性チップ(後述)が必要。
  • 戦車のETシールドを装甲タイル(SP)に再変更
    • シャシーごとに固有の初期SPが設定されている。
    • ダメージを受けると「装甲タイル」が剥がれ落ちたりする演出も追加された。
  • 特製チップの仕様変更
    • チップは5スロットまで装備可能。
      • チップによってスロット使用数が異なる。
    • 前述のWエンジンもチップで実装するようになった。
  • 戦車への相乗りは不可能になった
    • 旧作のように戦車1台を強化して全員で乗り込む、みたいなことは不可。

モンスター

  • 敵は時間でリスポーン(再出現)する
    • 敵を倒せば倒すほど徐々に減少&弱体化していく(高難度での救済。)
      • これの状況は絶滅メーターで確認可能。
    • 賞金首もリスポーンする。
      • 賞金は初回のみだが、固有ドロップは何回でも拾える。
    • リメインズ内はリスポーンの間隔が短い。
      • フィールドでは数日しないと復活しないがリメインズは数分で復活する。
      • このため経験値稼ぎ等、延々と戦闘したいならリメインズがおすすめ。
    • アイアンベースの自室で休むことで一気に時間を経過させられる。
  • 賞金首等のボス格の敵の強化
    • 賞金首は通常進行では初見では勝つことが難しい。
    • 初見ボスはまず逃げろという公式発言あり。
  • 人間戦闘(生身での戦闘)の難易度の調整
    • 人間戦闘は難易度高め。慎重に戦うことが要求される。
  • 絶滅メーターは、フィールドのモンスター総数と連動
    • 倒せば倒すほど敵は弱体化する。高難度での救済
  • 昼夜で出現モンスターや行動パターンが変化

その他

  • CERO C → Dに変更。
    • 性的なセリフは削除されたがチチ揺れや下着のため。
  • ドクターミンチはいない。
  • ドラム缶は押せない。
  • ミニゲーム(ゲコゲコやバンバン)、自販機の当たりとかの要素はない。