Top / ゲームの流れ

ゲームの流れ

大体の流れ

年間で課題が実行できるのは5月・7月・11月・1月・3月5回
(現実同様に4月で年度切替。)
このうちストーリー進行に関わる大課題が実行できるのは1月のみ。
詳細は年間スケジュール参照。

  1. 5月・7月・11月の3回の小課題で生徒を鍛える
  2. 1月の大課題でストーリーを進行
  3. 3年生が抜けた3月に1年生を鍛えて翌年度に供える

というサイクルで進めることになる。

ストーリー進行

  1. 大課題1クリア
    • 翌年度に「ワイルドファング(獣道科)」追加。
    • 小課題5追加。
    • 小課題5クリアで武器強化追加。
  2. 大課題2クリア
    • 翌年度に「エンジニア(技術科)」追加。
    • 小課題9追加。
    • 小課題9クリアで武器溶解追加。
  3. 大課題3クリア
    • 翌年度に「レンジャー(情報科)」追加。
    • 小課題13追加。
    • 小課題13クリアで婆気注入追加。
  4. 大課題4クリア
    • 翌年度に「コマンダー(憲兵科)」追加。
    • 小課題17追加。
    • 小課題17クリアで気まぐれトンカチ追加。
  5. 大課題5クリア
    • 翌年度に「錬金術師(錬金科)」追加。
    • 部員勧誘人数が3人に増加。
      • 1学年3人なので、以降は最大9人になる。
    • 小課題21追加。
  6. 大課題6クリア
    • 小課題25追加。
  7. 大課題7クリア
    • 小課題29追加。
  8. 大課題8クリア
    • 小課題33追加。
  9. 大課題9クリア
    • 小課題37追加。
  10. 大課題10クリア
    • 小課題41追加。
  11. 大課題11クリア
    • 小課題45追加。
  12. 大課題12クリア
    • 小課題追加2日目追加。
  13. 大課題13クリア
    • エンディング

序盤攻略

パーティー編成

前衛2名が狙われる確率が非常に高い
なので、前衛にはファイター・ガーディアンのような頑丈なクラスを配置すること。ここに配置する生徒はEXスキル「つまみ食い」「ガードマスタリー」のどちらか片方は装備して、ガード時にHPを回復するようにしておくと安定する。

上記のような理由から敵から挟撃されると非常に危険になる。
側面・背面部分が前衛扱いされるので、後衛配置の生徒も集中攻撃されるため。)
なので挟撃を防ぐために弓装備(クラックショット)できる生徒も欲しい。
初期職で弓が装備できるのはソーマータージスマイルブリンガの2職。

あとは回復役としてクレリックを編成すれば完了。

前衛1ファイター・ガーディアンから1人
前衛2同上
後衛1ソーマータージ or スマイルブリンガ
後衛2クレリック

上記の編成をベースに進めていくのがおすすめ
大課題を達成していくと新クラスが追加されていくが基本は同じ。
・前衛には高HPの頑丈な生徒を2名
・挟撃防止スキル持ちを1名
・回復スキル持ちを1名
という感じの編成にすると安定する。

おすすめのスキル

序盤にあると便利なスキル

大課題3クリアくらいまでの期間。
優先度が高いのはAP関連、ガード時HP回復、障害物の3つ(下表のスキル)。
HP回復とAP回復に使う手間を減らして、攻撃回数(コンボ狙い)を確保することが大事。
迷ったら「つまみ食い」「ガードマスタリー」の2つ装備でとりあえずOK

  • 怒りの拳(汎用ドロップ)
    • ちからアップ。近接武器キャラ向け。
    • 優先度はガード時HP回復に比べると下がる。
  • 知性の泉(汎用ドロップ)
    • 知性アップ。魔法キャラ向け。
  • 小人の指先(汎用ドロップ)
    • 器用さアップ。遠隔武器キャラ向け。
  • 活力のタネ(汎用ドロップ)
    • 最大AP増加。
    • ガード時のAP回復量も増加するので地味に重要。
  • APチャージ(戦士)
    • チャージは長いがAP回復量が多い。
    • 戦士には不要。後衛向け。ただし、「活力のタネ」より優先度は下。
  • ハイタッチ(スマイルブリンガ)
    • 敵撃破したキャラとスキル装備者のAPが回復。
    • AP回復量が低いので優先度は下がる。
  • つまみ食い(スマイルブリンガ)
    • ガード時にHPが回復する。
    • これと「ガードマスタリー」があればガードでHPがかなり回復する。
  • ガードマスタリー(ガーディアン)
    • ガード性能アップ&ガード時にHPが回復
    • 前衛はこれ必須。かなり頑丈になる。
  • ライトニング(ソーマータージ)
    • 雷属性の貫通攻撃。威力と範囲が○。
  • ヒール(クレリック)
    • 単体HP回復。チャージが短いので使いやすい。
    • クレリックがいないなら誰かにセットしておきたい。
  • クラックショット(弓スキル)
    • 地面に通行不能の穴を掘る。挟撃対策に超便利。
  • 大地発光(ハンマースキル)
    • 地面をHP回復効果がある地形にする。
    • これを事前に設置しておけば、敵の異常地形を無効化できる。
      • 後から掛けたスキルに上書きされない。爆弾も防ぐ。
  • 範囲攻撃系武器スキル
    • パーティーで二人くらい使えると戦闘がはかどる。
      • 全体:ジャベリン(槍)、乱れ斬り(大剣)
      • 横:横切り(剣)、咆牙(斧)、月光(刀)
      • 縦:大地割り(斧、ハンマー)、通天撃(槍)

中盤にあると便利なスキル

大課題3-8くらいまでの期間。
複数攻撃回スキルは攻撃回数が伸びと化けるので小まめにチェックすること。

  • エクストラチャージ(ガーディアン)
    • ガード時にスキルチャージが多く増加(回復)する。
    • 序盤よりもスキルが揃う中盤以降に輝く。
    • 強スキル → ガード → 強スキル、という脳死コンボが可能に。
  • 穴掘り(レンジャー)
    • 地面に通行不能の穴を掘る。弓の「クラックショット」とほぼ同じ。
    • EXスキル化しておけば弓なしでも使えるので便利。
  • バリケード設置(エンジニア)
    • 敵の移動方向を制限して挟撃をされにくくするのが目的。
      • 戦闘中に使うのではなく、事前に設置するのがメイン。
    • 挟撃防止としては「穴掘り」のほうが役立つ。
  • 震脚(双拳独歩)
    • 周囲のマスに極小ダメージ+スタン。
    • ボスのデコイ対策。ダメージもスタンも効果はほぼ期待できない。
  • ファイアウォール(ワーロック)
    • 前方の複数のマス(横範囲)に炎の壁で全体攻撃をする。
    • 「複数のマス」にまとめて攻撃できるのが非常に便利。
  • インドラの矢(ワーロック)
    • 前方の複数のマス(縦範囲)に雷の矢で全体攻撃をする。
    • 「複数のマス」にまとめて攻撃できるのが非常に便利。
    • ファイアウォールと合わせて持っておくと大量のザコ処理がしやすくなる。
  • エール(タキオンスター)
    • 単体のHPと状態異常を回復。
  • バンカーバスター(銃スキル)
    • 地面に通行不能の穴を掘る。弓の「クラックショット」と同じ。
    • 銃ドロップがクラスの関係で中盤以降になる。
  • 水平斬り(大剣スキル)
    • 前方の横範囲3マスの前列に攻撃をする。
    • 「複数のマス」にまとめて攻撃できるのが非常に便利。
  • 連環迅(刀スキル)
    • 単体に中ダメージ+トドメを刺すと再行動。
    • 再行動効果が強力。再行動でトドメを刺すと3回行動も可。
  • ディエーチモルテ(サーベルスキル)
    • 単体に10連続攻撃。
    • バグ抜きにしてもコンボ数稼ぎとして優秀。
  • 催涙弾(銃スキル)
    • 敵全体に攻撃+睡眠・盲目・マヒを与える。
    • 状態異常、特に睡眠が強力すぎる。威力も悪くない。
  • ライトアロー(弓スキル)
    • 単体に光属性で複数回攻撃。
    • 弓スキルなので「クラックショット」と同時付与が狙える。
  • スパークショット(杖スキル)
    • 単体に雷属性で複数回攻撃。
    • 知性キャラの単体最大火力技。

終盤にあると便利なスキル

大課題8-の期間。

  • キュアオール(ワーロック)
    • 味方全員の状態異常とHPを回復。
    • 終盤は敵の状態異常攻撃の頻度が高い。
    • 杖にも付く可能性がある。
  • 森羅万象(錬金術師)
    • 器用・運・体力の3項目を強化するオートスキル。
  • 背水の陣(インペリアル)
    • 逃げ道がない状況だと味方全員の攻撃・防御がアップ。
    • 発動条件が緩いので恩恵を受けやすい。
      • 角地で戦っても発動。自分で穴を作っても発動。
  • 勇者の勲章(インペリアル)
    • 敵を一定数倒すたびに勲章(★)増加。トレハン用。
  • 瞑想(プレアデス)
    • 自身のHPとAPを回復。
    • チャージが短いものを拾えれば非常に便利。
  • ツバメ返し(小剣、槍、刀スキル)
    • 最速で敵単体に攻撃+防御ダウン → ターン最後に再攻撃
    • 高Lv品だと2発合計でダメージ500%を超えるようになる。
  • 光輪活殺(ナックルスキル)
    • 敵単体に光属性の連続攻撃+自身のHPを回復
    • 高Lv品だと総合ダメージが500%を超える。
    • HP回復効果もうれしい。
  • タタリメ(弓スキル)
    • 単体に中ダメージ。状態異常の相手にダメージ増加。
    • 防御ダウン等でもOKなので大ダメージを狙いやすい。
    • 弓スキルなので「クラックショット」と同時付与が狙える。

最後まで使える武器スキル(の組み合わせ)

一部の武器スキルは序盤入手でも最後まで使えるものがある
具体的には武器の攻撃力が影響しない補助・回復系スキル、魔法スキル全般。

  • 催涙弾&クラックショット付きの
  • 催涙弾&バンカーバスター付きの
  • 大地発光&地ならし付きのハンマー
  • 以下のスキルが複数付いた
    • スパークショット(単体に連続攻撃)
    • スリープ(全体睡眠 ※ダメージなし)
    • ヒール/ヒールオール(HP回復)
    • キュア/キュアオール(状態異常回復)
    • 光の盾(味方全体の防御魔防アップ)
    • リーンフォース(味方全体の攻撃アップ)