Pathfinder: Wrath of the Righteous:インクィジターのメモ

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はインクィジターについてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

インクィジター

クラス評価

武器も魔法もいけるバランスタイプという評価。

  • 難易度:3
  • 近接:4
  • 遠隔:4
  • CC:1
  • 魔法:3
  • 支援:0
  • 防御:2

アーキタイプ

Faith Hunter(和名:?)

パラディン的能力を得るアーキタイプ。
領域を失い、審判の種類が減る代わりに、「Sworn Enemy」という能力を得る。
これはパラディンの「悪を討つ一撃」と似た能力。本家パラディンよりも対象となる敵が限定される。悪魔がメインのシナリオなので「Sworn Enemy」の恩恵を受けやすいのがポイント。
ほとんどベースクラスと同じ感覚で使える。

Judge(和名:?)

支援型アーキタイプ。
インクィジターの特徴でもある単独戦術、チームワーク特技、滅ぼしを失う。
代わりに
・審判能力を一時的に仲間と共有する「Judgmet Aura」
・戦闘終了まで仲間の攻撃力を強化する「Sentence」
というサポート能力を得る。
この「Sentence」の上位版がかなり強力。使いこなせれば的な感じ。

Sanctified Slayer(聖別討伐者)

スレイヤーとインクィジターのマルチアーキタイプ。
審判能力を完全に失う代わりに観察・急所攻撃・スレイヤーの技を得る。
スレイヤー部分の能力が非常に優秀で武器による戦闘能力が大きく強化される。
ただし、基本攻撃ボーナスは本家スレイヤーよりも低い点に注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。