Pathfinder: Wrath of the Righteous:キネティシストのメモ

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はキネティシストについてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

キネティシスト

クラス評価

納得の難易度5。これはしゃーない。

  • 難易度:5
  • 近接:1
  • 遠隔:5
  • CC:1
  • 魔法:1
  • 支援:1
  • 防御:1

アーキタイプ

Blood Kineticist(血液念動力術師)

血液を操る特殊アーキタイプ。
属性が水に固定されるが固有の注入が使用可能になる。
弱くがないが土や火属性が使えないのが欠点。
ベースクラスや他のアーキタイプと比べるとイマイチ。

Elemental Engine(和名:?)

燃焼が溜まるほど強くなるハイリスク型アーキタイプ
収集強化を失う代わりに燃焼MAX時に能力が上がる技能を得る。
燃焼MAXというのがポイント。燃焼が数点では恩恵がほとんどない。燃焼MAX=HPがかなり低い状態になるので運用には注意が必要。

Overwhelming Soul(凄烈なる魂)

燃焼できなくなるアーキタイプ。燃焼を失う=燃焼を溜めることができなくなる。
(元素収集は使えるので燃焼0まで収集して大技を放つことは可能。)
代わりにLvアップで念動力爆発が自動的に強化される「圧倒的な力」を習得する。
臨機応変な対応はできなくなるがキネティシスト初見の人には逆にわかりやすいかも?
最大の特徴は重要能力が耐久 → 魅力ベースになるのでパラディンやモンクとのマルチがしやすいことか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。