Pathfinder: Wrath of the Righteous:バーバリアンのメモ

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はバーバリアンについてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

バーバリアン

クラス評価

なぜか近接が5じゃない。
ローグやメイガスが近接5なのになんでや!

  • 難易度:1
  • 近接:4
  • 遠隔:1
  • CC:2
  • 魔法:0
  • 支援:1
  • 防御:1

アーキタイプ

Beastkin Berserker(和名:?)

激怒時にドルイドのように獣化変身する能力を得るアーキタイプ。
高速移動削除、激怒パワーの習得数低下の代わりに激怒変身能力を得る。
この変身能力は激怒とセットで発動し、片方のみ有効みたいなことはできない。つまり激怒時は動物状態になるため武器攻撃ができなくなるという不便な面がある。そのため武器ではなく素手等の肉体武器で戦うビルドにする必要がでてくる。

Instinctual Warrior(和名:?)

判断力が重視されるモンクのようなアーキタイプ
防具習熟削除、ダメージ減少削除、激怒&激怒パワー全般調整(アーキタイプ用の激怒に置換え)とかなりの能力に調整が入っている。
防具が着れなくなった代わりにモンクのACボーナスのような「Cunning Illusion(判断力でAC増加)」を習得する。激怒時も判断力セーヴの代わりに判断力が増加し、激怒パワーとしてモンクの内功や気パワーを習得できるようになっている。ちなみに素手強化関連の能力はなし。
非秩序属性でACを積む目的のマルチクラスとして使えそうか?

Pack Rager(集団激怒者)

支援能力を強化したアーキタイプ。
激怒パワーとダメージ減少の習得数が大幅低下。代わりにチームワーク特技と「Raging Tactician(激怒戦略家)」を習得する
この「Raging Tactician(激怒戦略家)」は激怒時にチームワーク特技は周囲の味方に付与するというもの。Lvが上がると複数のチームワーク特技をまとめて付与できるで意外と強そう。ペット等にも有効なのでパーティー編成次第ではかなり有用かもしれん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。