Pathfinder: Wrath of the Righteous:メイガスのメモ

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はメイガスについてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

メイガス

クラス評価

難易度5だけど近接5&魔法4とかなりの高評価。
公式的にも上級者向けハイブリッドクラスという認識か。

  • 難易度:5
  • 近接:5
  • 遠隔:0
  • CC:2
  • 魔法:4
  • 支援:1
  • 防御:1

アーキタイプ

Arcane Rider(和名:?)

ペット騎乗が得意なアーキタイプ。
秘術の〇〇鎧と呪文喚起を失う代わりにペット(馬限定)と騎乗関係の能力を得る。
またメイガスのボーナス特技も騎乗関係のものに置き換わっている。
騎乗能力は使う場所を選ぶので絶妙に使いにくい。またペットが馬限定なのも×。

Armoured Battlemage(和名:?)

防御面重視の重装型アーキタイプ。
多くの調整が入り、前衛タンク役としての色合いが強くなっている。
・重装鎧(秘術の重装鎧)の装備が可能に。
・ファイター同様の鎧修練を追加。
・秘術の武器が秘術の鎧に変化(ポイント消費で防御性能強化)
・呪文戦闘削除
と言う感じ。
自前の秘術呪文と合わせて防御性能はかなり高い。
反面、メイガスの特徴でもあった呪文戦闘+呪文撃コンボができないので火力は控え目。

Hexcrafter(呪術巧者)

呪術とウィッチ呪文を習得するアーキタイプ。
呪文喚起を失う代わりにウィッチの呪術とウィッチ呪文リストを得る。
またメイガスの秘奥にも呪術関連のものが追加される。
呪術は便利ではあるが、近接職であるメイガスと相性があまり良くない。
弱くはないがこのアーキタイプにするメリットがほとんどない。

Spell Dancer(呪文舞踏士)

エルフ限定の特殊アーキタイプ。遊撃タイプ。
メイガスの秘奥・秘術の武器・秘術の〇〇鎧を失う代わりに移動や防御を強化する能力を得る。
メリットよりもデメリットが大きい。
デザインとしては戦場を動き回って戦う感じになっているが、そもそもこのような戦い方がゲームシステムと合致していない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。