Pathfinder: Wrath of the Righteous:クレリックのメモ

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はクレリックについてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

クレリック

クラス評価

安定の回復支援役。公式的には近接戦闘は非推奨の模様。

  • 難易度:3
  • 近接:0
  • 遠隔:2
  • CC:2
  • 魔法:5
  • 支援:5
  • 防御:1

アーキタイプ

Angelfire Apostle(和名:?)

エネルギー放出による回復特化のアーキタイプ。
全呪文回数-1&中級鎧習熟削除の代わりに、エネルギー放出関連が強化される。
善のエネルギー放出に固定化されるが、放出回数が増加し、様々な追加効果を得られるようになる。
回復役としてクレリックを起用するなら選択肢になる。経典主義者がライバル。

Devilbane Priest(和名:?)

別に悪魔に強くなるわけじゃないよ。名前負けアーキタイプ。
領域が1個減る代わりに重装鎧習熟とチームワーク特技2つと対悪魔能力を得る。
対悪魔能力は知識判定が成功しやすくなるだけで、戦闘面には直接的な恩恵はない。
存在価値が微妙なアーキタイプ。私の理解力が足りないだけかもしれん。

Priest of Balance(和名:?)

正と負のエネルギーを使いこなす特殊アーキタイプ。
領域が1個減る代わりに正と負のエネルギーを両方とも習得するようになる。
正のエネルギーを発動すると次に使う負のエネルギーが強化される。みたいな能力を得る。呪文のキュア/インフリクト・ウーンズでも同様の効果が発動するようになる。
都合2回発動しなくてはいけないので回数制限を考えるとなかなか厳しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。