ニュータウン始動

スポンサーリンク

Top / ニュータウン始動

目次 Wikiを編集する

マップ Wikiを編集する

shido.jpg
  • 開始年月日:1962年4月1日
  • 用途地域設定
    • 万山北村・万山西村・万山東村(住居地域)

特徴 Wikiを編集する

  • マップのほとんどが平地で、広大な規模での開発が可能。
  • 川や海が無く、港が建設不可。
  • 人口を開始時の約3万4千人から5万人まで増やすことになるが、現時点で住宅比率が100%。

クリア条件 Wikiを編集する

条件期限
やさしい標準いばらの道
1人口5万人18年以内(1980年3月31日まで)9年以内(1971年3月31日まで)8年以内(1970年3月31日まで)
2年間売上高1,000億円
3総資産1,000億円

ストーリー Wikiを編集する

ここ万山ニュータウンは、都心部の住宅不足の解消を目的に行政主導の下で開発が行われているが、現時点で整備が行われているのはごく一部である。
行政からはこのニュータウンの動脈として鉄道を通してほしいと協力を要請されているが、
この地域全体ではニュータウンを含み人口5万人の規模となる見込みで、仮にそうなれば設備投資にかかる費用も十分回収可能と試算されており、
期間内に年間売上高1,000億円および総資産1,000億円にまでへの成長を目指す。

シナリオ開始時資産状況 Wikiを編集する

やさしい標準いばらの道
資本金420億円300億円240億円
資金355億5705万円235億5705万円175億5705万円
資金以外の資産
商品6億3836万円
建物6億7198万円
構築物44億7219万円
車両運搬具2億508万円
土地4億5534万円
負債
賞与引当金1890万円
  • 会社情報
    列車3編成自動車0台路面電車0台
    駅等3箇所停留所0箇所電停0箇所
    鉄道45.1km道路0km路面軌道0㎞
    子会社数0社土地168区画従業員数75人
    社員状況特に問題なし会社ブランド割と知られている
  • 都市情報
    人口3万4388人公共交通機関利用率85%
  • 銀行/株式初期状況
    • 銀行融資
      やさしい標準いばらの道
      融資利率3.0%9.1%
      融資限度額167億9244万円119億9244万円95億9244万円
    • 優待銘柄株価一覧
      銘柄株価銘柄株価銘柄株価
      新貝殻石油2490日東板セメント616柔らか金属558
      世界自動車2640大突貫建設4740超合体銀行2630
      大日村証券1720三々住不動産1620東西京鉄道1110
      鳥猫運輸544大江戸海運371全部電力2080
      パッチョガス791
      港が建設不可なため、大江戸海運の優待は利用不可。
  • 隣街情報・資源取引価格初期状況
    資源種別資材農産水産木材石油石炭
    方角都市名規模
    自都市仕入れ50132136984255
    自都市販売741952011446282
    海外価格148344433257146176
    取得額平均52
    中坂大都市541211031043144
    豊端中都市43108127894464
    蓑緒中都市4293126773144
    西吸田小都市4193141813661
    港は建設不可なため、海外とは取引不可。

攻略ポイント Wikiを編集する

開始資金が年代の割にかなり多い。
やさしい・標準なら借入無しでも開発にはほとんど苦労しないだろう。

旅客列車を走らせると、AIは住宅以外の建物を勢いよく建て始めるが住宅比率が100%なため人口は増えない。
工業の比率が低いのでAIは更地だと工場系を建てやすい。工業系を市街地やその予定地にも建ててくるので困りもの。
工業系に適した海がなく、開始時は工業系の高額子会社がないので、工業比率をあげる効果的な術がない。
そのため、AIが工業系を建てるのは放置が推奨となる。クリアだけなら気にせず路線を拡張していけば問題ない。
買収撤去をしても工業の比率が低いままだとAIは何度でも建てたがるので付き合わないように。見栄えを気にする人はクリア後に買収撤去して再開発しよう。
子会社の種類が少ないため、AIに資源を扱う子会社(資材工場A、製材所、製鉄所、レジャー牧場)を大量に建設されて、資源を扱う子会社の上限にひっかかることも。その場合は、買収して撤去するしかない。

用途地域設定をONにしている場合、団地がある場所には住宅施設以外建設できないので
住宅需要が100%である事もあって、周辺地域からの開発を余儀なくされる。

車両開発 Wikiを編集する

開始時、旅客列車の設計図は特急形旅客列車のものしか持っていない。
いきなり初期型旅客列車を開発してもいいが、開始翌年の1963年には通勤形旅客列車が開発可能になるので、それまで待つ手もある。

物価に注意 Wikiを編集する

物価の関係で莫大な初期資金に対し総資金があまり増えて行かないので
調子に乗って全額使い、その上で借金までして無茶な開発をすると、しばらくの間剰余金が0になり株式配当が出来ず
最悪3年間無配当からのゲームオーバーが待っているので借入は慎重に。
よほど変な開発をしない限り大丈夫だと思うが一応。

資材の調達 Wikiを編集する

開始直後は資材工場Aしか建てられないため豆腐不足に悩まされる。資材工場Bが建てられるようになるのは1966年から。
それまでは割高だが隣町から豆腐を輸入することも選択肢に入る。幸い西以外は中都市以上なので大量消費にも対応できる。
豆腐輸入する場合は、隣町→貨物駅→供給する路線と、一旦貨物駅に集めると資材の供給を調整しやすくなる。(いわゆるセンター方式)
貨物駅に工場を建てれば簡単に自社生産に切り替えられるのもメリット。
資材工場Aと輸入で豆腐を供給し、資材工場Bが建設できるようになったら、完全自社生産に切り替えよう。

道路を先に敷く Wikiを編集する

開始時の公共機関の利用率は驚異の85%だが、開始時には道路が全く存在しない。
利用率は道路を敷けば下がり、線路を敷けばあがるが100%以上にはならない。
先に線路を敷くと利用率が100%で頭打ちになってしまうので、先に道路を敷いて利用率を下げてしまおう。

ちなみに初期からある各地の団地は立地の関係でほとんど人が入っていないが、
道路を敷くだけで稼働率が上がり、すべての団地に道路を敷けばそれだけで数千人以上人口が増える。

人口の確保 Wikiを編集する

この年代は、住宅子会社がマンションBとマンションFしかない。1968年にマンションAが追加されるがマンションBに劣る。
AIに住宅を建てさせるために住宅比率を下げたいが、高額な子会社は少なく駅ビルもAしか建てられない。
新幹線誘致・空港の建設で一気に下げることができるので、そのつもりで経営したい。
新幹線・空港の予定地は先に確保しておこう。このシナリオは自由度が高く、好きなところに造ることができる。

いばらの道攻略 Wikiを編集する

いばらの道/ニュータウン始動

ライバルデータ Wikiを編集する

ニュータウン始動/ライバルデータ?

備考 Wikiを編集する

マップの元ネタ Wikiを編集する

  • 地形のモデルおよび地名の元ネタは、大阪府の千里ニュータウンとその周辺の都市だと思われる。
    万山ニュータウン→千里ニュータウン*1、新江田→古江台、低野台→高野台、波雲台→津雲台、笹竹台→佐竹台、
    下古田→上新田*2、藤黒台→藤白台、笹見台→竹見台、赤山台→青山台、栗山台→桃山台
    隣町:中坂→大阪、豊端→豊中、吸田→吹田、蓑緒→箕面 
    • マップ内に広大な竹林が広がっているが、元ネタの千里丘陵にはかつて竹林が広がっており、「大阪みどりの百選*3」にも選ばれている。
      竹林の大部分はニュータウン開発で無くなってしまったが、現在でも一部は残されて公園として整備されている。
  • ライバル会社「凡九電鉄」と代表者・大林半三は、(千里ニュータウン内で千里線を運行している)阪急電鉄とその創業者・小林一三が元ネタと思われる。

一番上に戻る / indexに戻る


スポンサーリンク


*1 「千里」というのはニュータウンがある豊中市北部、吹田市北部一帯の地名で、万山と違って千里村・千里市などの自治体があるわけではない
*2 実際の上新田地区は住民の反対でニュータウン開発地区から除外されていて、古い街並みが未だに残っている
*3 大阪府が選定している大阪府内の自然名所100か所のこと