【太閤立志伝5】「主君押籠」エンドについて

やっぱ名作だわこれ。
太閤6希望!!

「主君押籠」の条件

  • 身分が大名
  • 技能の合計Lvが20未満
  • を所持
  • 自分の所持金が本拠地の軍資金より多い
  • 悪名が高い(5マス以上)
  • 本拠地の住民安定度が低い(50以下)
  • 本拠地に家臣が1人以上いる
  • 家臣の諫言イベントを発生させる

前準備

主人公札だけは秀吉etc.で事前に獲得しておきましょう。

主人公札:【暗愚な大名】

無能大名=技能数が少ない大名限定(技能合計20以下)。
マイナーな無能大名は配下がいないことが多いので注意

オススメは乱麻(1554)、日輪(1560)の朝倉家大名【朝倉義景】
彼の主人公札は1570年よりも前のシナリオで入手可能(条件は弁舌系称号)。

【朝倉義景】は本人無能かつ配下が豊富。おまけで初期から3城持ち。1570年前後まで合戦にも巻き込まれにくいので余裕をもって「主君押籠」を狙える。札合計数が少ない序盤でも狙える貴重(?)な人材。

朝倉義景近影

その他札:診療

エンディングを2個以上見て札追加ボーナスを得ているならこれが欲しい。
この札があれば半年くらいで「主君押籠」に到達可能。

入手方法は医術Lv4以上で医師に技能師事する(京でやるのがおすすめ)
これがあると自宅に診療所を開くことができるようになる。
診察イベントが実行できると簡単に悪名を上げられるようになる。忍者技能よりも簡単。

– スポンサーリンク –

実際の「主君押籠」の狙い方

以下のようにやればゲーム内2-3年で達成できる。
エンディング数=ボーナス札を手軽に稼ぐことができるので初心者にもおすすめ。

その1:診療所開設まで

ゲームを開始したら評定で2-3人に[徴兵]を実行させる。
(徴兵すると住民安定度が下がる。)
余った軍資金はすべて出金して「京の町」へ。

京では酒場[酒を飲む]から適当なお酒を1個購入しておく。
(お酒の種類は問わない。どぶろくでOK。)

次は医師宅[医術師事]を連打。
医術Lv4かつ【診療】札入手までひたすら師事
病気になったらその場で治療してもらう。

ひたすら医術師事

【診療】が貰えたら【風邪薬】を99個購入して医師宅での作業は終了。
(薬の種類は何でもOK。)
【診療】【風邪薬】の2つの準備ができたら本拠地に帰還

その2:悪名稼ぎと住民安定度低下

本拠地に戻ったら自宅[診療所]を開く。
診療所で[診療]を実行して、どの患者にも【風邪薬】を投与する
その後の選択肢で必ず[ふっかける]を実行すること
これで病気の種類(治療結果)に関係なく悪名が+1~+4される。

ぼったくり医師の朝倉君

また診療の合間(体力回復の合間)に評定で[徴兵]を実行することも忘れずに。
たぶん軍資金が足りなくなるので[輸送]で支城から集めればOK。
手持ちの資金との調整も忘れずに。

以降は悪名と住民安定度の条件を満たすまで[診療][徴兵(評定)]を繰り返す
住民安定度は一揆が終了すると20くらい増加するので注意
兵士が5万になったら輸送で減らせばOK。安定度が低い支城に本拠を移すのもあり。

その3:諌言イベント1回目

条件の再確認。

身分が大名
技能の合計Lvが20未満
を所持
自分の所持金が本拠地の軍資金より多い
悪名が高い(5マス以上)
本拠地の住民安定度が低い(50以下)
本拠地に家臣が1人以上いる

この条件を満たした状態で近場の町[酒場]へ。
本拠の近くの町限定!(朝倉の場合は「敦賀」)。
酒場に入ると配下が大名を諫言するイベントが発生するので「無視する」を選ぶ。
配下が自殺未遂するが実際に死亡したりはしない。

諌言イベント

その4:諌言イベント2回目

1回目のイベント後、半年(約180日)ほど時間を潰す。寝るだけでOK。
ただし、条件(特にお金と住民安定度に注意)を満たしておくことを忘れずに

再び近場の町の酒場を訪れると2回目の諫言イベントが発生。
エンディング確認画面が出るので「はい」を選ぶと「主君押籠エンド」へ

ちなみにここで「いいえ」を選ぶと浪人になることができる
大名が浪人化する貴重な手段なので覚えておくといいことが・・・ほとんどないね。

エンディング確認画面

スポンサーリンク