Pathfinder: Wrath of the Righteous:レンジャーのメモ

2022年1月30日

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はレンジャーについてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

レンジャー

クラス評価

近接もしくは遠隔の専門家と言う感じの評価。
武器戦闘は得意で魔法も使えるが、防御面は弱め。

  • 難易度:2
  • 近接:5
  • 遠隔:5
  • CC:1
  • 魔法:3
  • 支援:1
  • 防御:1

アーキタイプ

Demonslayer(和名:?)

対デーモン、悪の来訪者との戦いに特化したアーキタイプ。
得意な敵がデーモンに固定され、様々な対デーモン用の能力を得る。
本作はデーモンとの闘いがメインのシナリオなので非常に相性が良い。
通常レンジャーの強化版のような感覚で使用できる優秀なアーキタイプ。

Espionage Expert(和名:?)

得意な敵を味方と共有できるようになる魅力型のアーキタイプ。
Espionage Expert本人が来訪者(デーモン)を得意な敵にしておけば、味方全員が対デーモンにボーナスを得るため非常に大きなアドバンテージを受けられる。また技能チェックを強化する能力も得るので技能役としても重宝する。
代償として動物の相棒と得意な地形を失う。
このアーキタイプのコンパニオンがいろいろと優遇されているので、ビルドで試すなら彼女を起用してみるといいだろう。

Nomad(和名:?)

弓攻撃&馬騎乗専門のアーキタイプ。
戦闘スタイル特技が弓技限定に、動物の相棒が馬限定に制限されている。
代わりに特技習得数が1つだけ多くなっている。
弓レンジャーとして見れば悪くない選択肢だが、ペットが馬固定なのがマイナス。

スポンサーリンク