Pathfinder: Wrath of the Righteous:ファイターのメモ

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はファイターについてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

ファイター

クラス評価

清々しい脳筋評価。
ちなみに防御5評価は全クラスでファイターだけ。

  • 難易度:1
  • 近接:5
  • 遠隔:5
  • CC:0
  • 魔法:0
  • 支援:0
  • 防御:5

アーキタイプ

Armiger(和名:?)

上級職「ヘルナイト」の下積みっぽいアーキタイプ。
武勇すべてとボーナス戦闘特技数個を失う代わりに「騎士団能力」「Ardent」を得る。
(騎士団能力はキャヴァリアーのものではなくヘルナイトのもの。)
特技習得数が2個減るだけで、基本的な使用感覚はベースクラスと大差ない。
技能ポイントが地味に3(ベースクラスは2)という長所がある。

Dragonheir Scion(和名:?)

竜の血脈の攻撃型アーキタイプ。
かなり性能調整され、武勇、鎧修練、武器体得などの多くの能力を失う。
代わりに得るのは竜の血脈とそれ関係の能力だけ。
ちょっと割に合わない感じがする。

Mutation Warrior(変異戦士)

アルケミストの変異薬を習得したアーキタイプ。
鎧修練を失う代わりに、変異薬と変異薬の発見を得る。
変異薬はACとDEXにボーナスがつくので鎧修練がなくてもACを確保できる。何より変異薬は被りが少ない錬金術ボーナスなのが魅力。
ファイターのアーキタイプの中では完成度が高い。ライバルは両手武器使い。
技能ポイントが3である点も地味にうれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。