Pathfinder: Wrath of the Righteous:シャーマンのメモ

2022年2月1日

Pathfinder: Wrath of the Righteous(以下「パスファインダーwotr」)のクラス/アーキタイプについてのメモ書き。
今回はShaman(シャーマン)についてです。
キングメイカー既存のクラスについては感想省略。以下のサイトを参照くださいませ。

■パスファインダー:キングメイカー 攻略サイト
https://www.spoiler.jp/game/pathfinder_km/

Shaman(シャーマン)

Lv9の信仰呪文とそれなりの武器戦闘能力を併せ持つ魔法戦士クラス。前衛から後衛まで幅広く対応。
使用できる呪文はドルイド呪文に近い独自のシャーマン呪文(信仰呪文)。
性能的にはウィッチとオラクルの複合クラスと言うこともあってかなり独特。
ウィッチ由来の「呪術」、オラクル由来の「霊(+霊獣、浮遊霊、霊魔法)」を駆使して戦う。

KM(前作)プレイ済みの方へ分かり易く言うと
・霊=クレリックの領域、ソサの血脈みたいなもの
・霊獣=ウィザードの使い魔
・霊魔法=領域呪文
・浮遊霊=初期霊以外の「霊」を自由に付け替える能力
と言う感じ。
(「霊」自体はオラクルの「神秘」とほぼ同等の能力。)
この「霊」の選び方次第でいろいろなタイプのシャーマンが誕生する。
例えば、生命の霊を選べば正のエネルギー放出が扱えるようになるのでクレリックのように振舞えるし、闘争の霊を選べば武器熟練系ボーナスを習得するので前線で戦いやすくなる。という感じ。

「呪術」も習得するが本職のウィッチに比べると若干選択肢が少ない。

PRD日本語版に該当ページがあるので詳細はそちら参照。

クラス評価

支援能力が高い魔法戦士という感じの評価。

  • 難易度:4
  • 近接:3
  • 遠隔:0
  • CC:1
  • 魔法:3
  • 支援:4
  • 防御:1

アーキタイプ

Possessed Shaman(霊媒)

技能特化のアーキタイプ。
呪術習得数が減少するが、技能を強化する能力を得る。
悪くはないが良くもない。そんな感じ。

Shadow Shaman(和名:?)

急所攻撃を習得すると攻撃型アーキタイプ。
浮遊霊と浮遊呪術を失う代わりに急所攻撃を最大6d6得る。
浮遊~がないため汎用性を失うが、武器で戦うタイプなら戦闘能力向上の恩恵は大きい。
武器攻撃重視のビルド向け。

Spirit Hunter(和名:?)

メイガスのような武器強化能力を得る攻撃型アーキタイプ。
浮遊霊と浮遊呪術を失う代わりに「Spirit Enchantment(メイガスの秘術の武器みたいな能力)」を得る。
浮遊~がないため汎用性を失うが、武器で戦うタイプなら戦闘能力向上の恩恵は大きい。
武器攻撃重視のビルド向け。
みんな大好きカメリアちゃんがこのアーキタイプ。

Spirit Warden(悪霊からの守り手)

対アンデッド向けのアーキタイプ。
呪術習得が2つ減るが、対アンデッドの能力を複数得る。
収支としてはプラス。ただし、(デーモンと比べると)アンデッド系の敵は少ない。
シナリオの都合上、選ぶ価値があまりない。

Unsworn Shaman(霊線細き者)

汎用性が高い小器用なアーキタイプ
固定の霊を選べなくなるが、「下級霊」で好きな霊を休憩毎に選択できる。
また呪術も習得できないが、「浮遊霊」が強化されるためある程度は代替可能。
ただし、呪術の習得数はトータルでマイナスなので総合力は通常シャーマンに劣る。

Witch Doctor(呪術医)

回復に特化したアーキタイプ。
呪術習得が3つ減るが、エネルギー放出や回復呪文の任意発動能力を得る。
悪くはないが回復役として起用するならクレリックや生命オラクルのほうが便利である。

Wildland Shaman(和名:?)

ハーフオーク専用のペット持ちの攻撃型アーキタイプ。
霊獣の代わりに「動物の相棒」を得る。また霊が「闘争」に固定される。
闘争のため武器攻撃重視のビルドに限定されるが、Lv9呪文&ペット持ちのクラスが弱いわけがない。
ハーフオーク専用という制限をどう捉えるか。

スポンサーリンク