ブラッドコード/王騎士

目次 Wikiを編集する

王騎士 Wikiを編集する

攻防両極において優秀なスキルを習得するナイト。
敵を討ち果たす矛としても、仲間を守護する盾としても信頼できる。

基礎ステータス Wikiを編集する

性格MB基礎THTH成長呪攻成長
13-JEH:ジークフリート(王騎士♂)----+1+1-+1--体+1151Lvup毎に-1C
14-BRU:ブリュンヒルト(王騎士♀)----中立+1-+1+1--神+1151Lvup毎に-1C

スキル Wikiを編集する

スキル名習得Lvタイプ対象効果
アーマービルドLv1パッシブ自身レベルアップに応じてDFが増加する。防具装備時のみ効果が発揮される。
フロントガードLv4パッシブ自身・後列の味方一人習得者が前列にいる時に確率発動し、後列のキャラへの物理攻撃を身代わりとなって受ける。
防御時は発動率が大幅に上昇する。
プロヴィデンスLv7アクティブ敵単体単体の敵へ捨て身の攻撃を繰り出す。
対象のDFを半減してダメージを計算、THも低下(=命中率上昇)する。
ただし、代償として使用ターン中は自身のACとDFが悪化する。
イージスLv14アクティブ味方全員使用ターンの間半防御状態となったうえで、別の隊員への単体攻撃を身代わりとなって受ける。
グループまたは全体への攻撃と、一部のスキルは防げない。
ホーリーガードLv21パッシブ自身状態異常「躁鬱」とクリティカルヒットに対する完全耐性を得る。
プロヴィデンスIILv28アクティブ/
パッシブ
自身・敵単体強化されたプロヴィデンスを放てるようになる。
よりTHが低下し(=命中率上昇)、スキル「アンチエナジー」の効果も付加される。

特徴・使用感等 Wikiを編集する

仲間をかばえるスキル「イージス」が一番の存在意義となるブラッドコード。
イージス主体の防御型王騎士をチームメンバーに加えると、メンバーの生存率が大幅に上がるため
探索時の安定感が増す。「イージス王騎士の有無でゲームの難易度が大きく変わる」
と言っても過言ではない。ホーリーガードの存在も地味に大きい。
防御型育成をする場合重要なのが、HPに必要な体と状態異常への抵抗率にかかわる運。
イージスを覚えたらそれ以外の行動を取ることはほとんどないので、力は捨ててもいい。
体と運をバランスを考えながら最大値まで上げ、次に回避に影響する敏を上げるのがベストか。

防御を捨てて攻撃型にすることも可能だが、攻撃性能はほぼサブブラッド依存となり、
中盤以降、他の前衛職に勝る要素が装備品以外ほぼ無いのであまりお勧めできない。
終盤では、戦術士同様「ブラッドフリーコードの存在のせいで劣化SIZとなってしまう」
という問題点もある。(決して弱いわけでは無いのだが…)

装備面では全職業中最も防具が優秀。特に盾。
序盤は他の前衛職と変わらないが、中盤以降王騎士らしい防御寄りのものが多く手に入る。
武器も剣、槍を中心に優秀なものが揃っており、重装備でTHが悪化していてもプロヴィデンスの
おかげで高い命中率を保っている。

なお、王騎士のキャラを作成する際は、性格/タイプを慎重に決定しよう。
王騎士は全BC中で最もサブブラッド/装備の兼ね合いが重要となってくるからだ。
ただし本編クリア後なら各種フリーコードの力を借りて制限を大きく緩和できるため、
キャラ設定優先で作成しても致命傷とはならない。

備考 Wikiを編集する

Ver1.01のダメージ計算式変更で、装備さえ整っていればボスの1撃だろうと大幅に軽減できるようになった。
Ver1.00では即死級の攻撃も、2-3桁に軽減できる可能性あり。

おすすめサブブラッド Wikiを編集する

暗術士
神速と空蝉で回避を強化し、さらなる安定度の向上を目指す。
レベルアップで確実にACが強化されるため、低レベル帯からでも恩恵を受けやすいのもメリット。
攻撃を多く受けるイージス王騎士は防具に結構気を使わないといけないが、この組み合わせでやると適当な装備でも意外と何とかなる。
ただし、この組合せはブリュンヒルト(王♀,N)/カムイ(暗術士♀,N)限定と~なっているため、キャラの性格が中立でないと作成できない点に注意。
とは言え、性格診断&変更システムがあるので、取り返しのつかない状態にはならない。
∞モードの場合、王の防御力をやすやすとぶち抜いてくる火力を持った敵が多くなっているため、回避で被害を最小限に抑えられるこの組み合わせは強力。
拳法士
鉄壁+アーマービルドで耐久性を向上させる組み合わせ。
イージス中でも反撃が発動するため、身を守りつつ少しずつ敵を削れるし、最終ダメージを半減させる鉄壁は敵の狙撃およびプロヴィデンスに対して強い。
連撃系スキル修得でアタッカーとしての運用も可能となる。
ただ、状態異常の危険性を考えると回避した方がリスクは少ないので、終盤は暗術士やRASに切り替えることも検討した方がいいかもしれない。
ver1.1で被ダメージに調整が入ったため、安定度が増した。
RAS
防御重視かつ利便性に富む組み合わせ。
神速こそないものの空蝉はあり、最終的に装備+エンアボイドでAC-99に到達可能。
要ブラッドフリーコードとなるが、アスリート/ファニー/アンラッキーなら
イージス中にはエンアボイドすら必要なくAC-99になる。
加えて、召術士が行動不能になった場合の異形兵維持、
TRANコードによる緊急時の回復に攻撃、コードブレイク完全耐性と優秀。
武術士
二刀流+プロヴィデンスによる高命中&高威力攻撃で強敵に対応し、
通常戦闘では斬り込みによる範囲攻撃&ゲージ貯めと、攻撃面で隙のない組み合わせ。
元が王騎士なので防御面も不安はなく、緊急時のイージスもあり安定度が高い。
さらにマルチウェポン習得後は両手武器を二刀流で装備可能となるため、
強力な両手武器が装備できる王騎士の長所を伸ばせる。両手武器+盾という選択も可能。
SIZ
マルチウェポンを習得し、両手武器+盾で反撃イージスを活かす組み合わせ。王/拳の強化版。
武器は基本的に両手剣などの単発威力の高い攻撃回数1の物を選び、反撃を最大限に活かす。
マナシールドは邪魔になるので張らないよう注意。力の強化も忘れずに。(重要度は運>体>力)
敵異形が複数であり単体攻撃主体なら、スキル攻撃を繰り出すより高い総ダメージが見込める。
装備品やバフが十分なら盾を外して両手武器×2で。勿論自ら攻撃参加しても良い。
ただし、空蝉・鉄壁等の防御スキルが無いため高レベル装備品の強化(ドロップ)が必須である上
イージス役のため気絶等の状態異常になってしまうと、PTが崩壊しやすいという不安材料が残る。

スポンサーリンク