ブラッドコード/学術士

目次 Edit

学術士 Edit

コードライズ能力、中でもアイテムコードの扱いに長けた学者。
戦闘力はあまりないが、罠解除やアイテムの識別など、学術担当としてパーティにとって必須となる。
補助スペル(PSIコード)を全習得可能。賢術士(ILITH)を除けば、唯一PSIコードが使えるブラッドコード。

基礎ステータス Edit

性格MB基礎THTH成長呪攻成長
07-MOS:モーセ(学術士♂)---制限無し-+1-+1-+1知+1202Lvup毎に-1A
08-JOS:ヨシュア(学術士♀)---制限無し-+1+1--+1運+1202Lvup毎に-1A

スペルコード習得Lv Edit

ランク1ランク2ランク3ランク4ランク5ランク6ランク7ランク8
Lv1Lv3Lv6Lv10Lv15Lv21Lv28Lv36

スキル Edit

スキル名習得Lvタイプ対象効果
コード識別Lv1アクティブ未鑑定アイテム未鑑定のアイテムを識別できるようになる。
学術技能強化Lv1パッシブ自身ロック解除やトラップの識別、解除がしやすくなる。
ファストユーズ ILv8アクティブ自身選択した消費アイテムを1度に2個連続で使用する。
オープンディスクLv15パッシブ自身戦闘中でもサブディスクに入っているアイテムが使用可能になる。
ただし、別の隊員がすでにこのスキルで選択しているアイテムは使用不可。
サルベージLv22パッシブコードチップ等敵から良いアイテムを入手しやすくなる。
ファストユーズ IILv29アクティブ自身選択した消費アイテムを1度に3個連続で使用する。
ファストユーズ IIILv36アクティブ自身選択した消費アイテムを1度に5個連続で使用する。

特徴・使用感等 Edit

序盤から最終盤まで、罠解除やコード識別でお世話になるBC。
パーティーメンバー内に学術技能を持つ者が一人もいない場合はもはや縛りプレイの領域である。
探索の快適さを求めるなら、メインなりサブで1名は入れておくのが望ましい。

WIZライクゲームの盗賊とは違い、学術士には罠解除以外にもやれる仕事が沢山ある。
PSIコードによる補助、エグゼによる物理攻撃(威力は雀の涙だが、状態異常を狙える)など、
序盤から戦力としてもそれなりに役に立つし、終盤以降習得する高位のスペル群には、
戦況を一変させるほどの効果がある。中でも敵の長射程物理攻撃を封殺する「レンジブレイク」は、
手強い異形と相対する場合にほぼ必須となるスペルである。
また、ファストユーズ系スキルが便利で、上手く使えば攻撃回復どちらにも活用できる。
スペルが使えない水中では、ケア系アイテム+ファストユーズによる回復は非常に頼りになる。

メインBCに据えるかサブBCにつけるか迷ったら、とりあえずメインに据えておくとよい。
学術士が装備可能な品には「学技+」が付くものが多いので、それらで身を固めれば
罠解除、コード識別の成功率をさらに高める事ができるからだ。

おすすめサブブラッド Edit

魔術士
WIZコードの使用による火力の増強と、ファストキャストによる強化/弱体スペルの
重ねがけが魅力のサブブラッド。特性値の割り振りにも悩まずに済む。
聖術士
HEALコードによる回復、強化を担当可能。
ザコ戦では神極振りのマルチクラッシュで一気に敵を倒せる。
MP回復スキルも備わるため優秀。
召術士
異形兵を使役することで、学術士本体の戦力不足をカバー。
雑魚戦ではブートキャスト系TRANコードも役に立つ。
RASも似たようなスキルを有するが、学術士の装備できる武器が貧弱なこと、
また召籠を有していないことからあまりおすすめできない。
ILITH
TRANコードを除く全てのスペルを詠唱可能。呪文のスペシャリストとなれる組み合わせ。
バースト系スキルを習得しないので、補助系スペルの使用率が高めになるだろうか。

スポンサーリンク