転職/転職例

Top / 転職 / 転職例

目次 Wikiを編集する

おすすめ転職例 Wikiを編集する

最終的(周回プレイ)には、LV28(30)で全クラスの転職すれば間違いはない。
1周目に焦点を当てて、低LVもしくは、低転職回数での例を記載。

低レベル用 Wikiを編集する

スキル枠が増えないので、転職リセットの周回プレイをしないとスキル枠が厳しくなる。
ただし最初に必要スキルを得てしまえば転職する必要がないのが利点。
以下に挙げるクラスを1-2個経由すると選択肢が増え、攻略がとても楽になる

  • (終盤の転職がいらない分)LV半減による戦力低下が発生せず安定してクリア後まで戦っていける。
    • 転職後の特別な稼ぎが不要なのも大きい
  • 1-2回の低レベル転職ならスキル装備枠最大への必要周回数も変わらないので問題なし
  • ただしゲーム開始直後は金銭面の稼ぎが少なく、転職資金の準備が若干めんどう。

前衛用(物理アタッカー) Wikiを編集する

  • ナイトLV6(重刃・重装の心得、剣の騎士道)
  • サムライLV4(二刀流、斬り込み1)
  • ニンジャLV3(凶刃)
  • ダンサーLV6(トライステップ、ウェポントリック)

前衛用(盾役) Wikiを編集する

  • ファイターLV3(反撃)
  • ナイトLV4(重装・盾の心得、防御修練、魁の守り)
  • ニンジャLV3(回避修練、凶刃)

後衛用(物理アタッカー) Wikiを編集する

  • レンジャーLV1(弓の心得、狩人の目)orLV6(足止め)
  • ダンサーLV6(トライステップ、ウェポントリック)
  • サムライLV4(斬り込み 壱)
  • ニンジャLV3(回避修練、凶刃)orLV6(暗撃)
  • ファイターLV1(重刃・鈍器の心得)orLV6(ラッシュ)
  • ナイトLV1(重刃・長柄・盾の心得、防御修練)orLV6(剣の騎士道)

魔法後衛用 Wikiを編集する

  • レンジャーLV1(弓の心得、狩人の目)
  • ダンサーLV1(トリックユースⅠ)
  • ナイトLV1(長柄・盾の心得、防御修練)

物理アタッカー Wikiを編集する

その1 Wikiを編集する

最初にファイターで重装備できるように装備スキルを集める。
次にダンサーでウェポントリックやステップ系を覚える。(ステップ系はジェノサイドと被るので注意。)
最後にニンジャで凶刃を覚えて終了。

あとはサムライやレンジャーを経由してもよい。

  1. ファイターLV13(28)
    • ジェノサイドが欲しいなら28
  2. ダンサーLV13(23 28)
    • ファイターでジェノサイドを覚えているなら23スターステップはあまり必要ない
  3. ニンジャLV13

その2 Wikiを編集する

近距離を両手斧、遠距離を弓装備で対応するマルチファイタータイプ。
ファイターのラッシュ系スキル、レンジャーの撃ち抜き、ニンジャの凶刃が最高のシナジーを発揮する。
ニンジャの防御スキルも覚えられるので、防御面の補強もできる。

早期から弓主体で戦いたいのならレンジャー、ファイター、ニンジャの順でも可。
余裕があるならサムライやダンサーを経由してもよいし、ファイターに戻るのも。

  1. ファイターLV13(15 28)
    • ヘビースイングが欲しいなら15、ジェノサイドが欲しいなら28まで上げる。
  2. ニンジャLV15 (28)
    • レベル28の必殺の一撃は、後述の狙撃も覚えるので要るかは各自判断で。
  3. レンジャーLV15(21 28)
    • 狙撃は有用スキル。乱れ打ちや超集中が欲しいなら21or28まで上げる。

その3 Wikiを編集する

範囲攻撃を強化した対雑戦専用のスタイル。
刀や拳二刀流で即死・気絶・士気稼ぎをメインとする運用。
回避修練+修羅特化やステップ系スキルで、ボス等単体でも十分の火力を発揮できる。

ニ刀流を活かすためにAGIを上げれば、ファストユーズ+回復アイテムなどで支援も出来る。

  1. サムライLV13
    • 修羅裏は今作の仕様上実用性に欠ける。
      ウェポントリックがあれば範囲攻撃は切り込み2があれば充分。
  2. ダンサーLV13(14)
    • 一応テトラステップを習得するレベル14まで上げることを推奨する。
  3. ニンジャLV15 (28)
    • 必殺の一撃が必要ならLV28まで

その4 Wikiを編集する

暗撃や狙撃で敵を確実に狙い撃ちするスナイパースタイル。
ザコ戦には斬り込み、ボス戦では隠れるからの暗撃や足止め・狙撃で戦う。
(足止め・狙撃は隠れる状態を解除しないのもポイント)
基本は弓装備だが、分身や修羅を使う場合は長柄や盾を装備するのも悪くない。

最終的にレンジャーに戻って超集中を取ったり、ファイターのラッシュ系スキルを習得すると更に使い勝手は上がるだろう。

  1. レンジャーLV15(28)
    • 狙撃だけでも充分だが、超集中があれば隠れる+狙撃連打も可能に。
  2. サムライLV13
    • 対集団戦用の斬り込み、長柄装備や修羅を習得。
  3. ニンジャLV15 (28)
    • 凶刃、暗撃、分身、空蝉どれも優秀。出来れば必殺の一撃も欲しい。

その5 Wikiを編集する

ナイトのスキルを攻撃役として活躍させるスタイル。
前衛配置すると騎士道攻撃中に魁の守りが暴発してしまう恐れがあるため基本後列配置推奨。
基本装備は槍や刀の二刀流とサブに槍と盾、そして防具は全て軽装で命中特化。
ウェポントリックが無いため敵後列への攻撃手段は切り込みか騎士道で対応する。

PT編成によっては盾役もできるので臨機応変な運用も可能。
後列に瀕死の味方が居る場合に鉄壁の守りを使うなどの安全策も取れるのは強み。

  1. ナイトLV15(28)
    • 出来ればLV28の光の騎士道も得たい所だがとりあえず闇の騎士道まででも十分。
  2. ニンジャLV15
    • 凶刃狙い。回避修練と空蝉もあれば回避盾としての運用や修羅も使いやすい。
  3. サムライLV13 (28)
    • 斬り込み2でも充分だが、レンジ武器を使用しないなら斬り込み3まで欲しい所。

タンク役 Wikiを編集する

その1:最終ナイト Wikiを編集する

ファイターLV13とニンジャLV15だけで防御系スキルはほぼ完璧。
転職回数に余裕があるので、他クラス経由する余裕も多い。

  1. ナイトLV13(転職回数を節約したいなら省略も可)
  2. ファイターLV13
  3. ニンジャLV15

スペルユーザー Wikiを編集する

その1:最終的にウィザード Wikiを編集する

最初にクレリックのスペルとスキルを回収。
次にナイトで装備系スキルと防御スキルを回収。

  1. ウィザードLV14(転職回数を節約したいなら省略も可)
  2. クレリックLV30
  3. ナイトLV21

その2:最終的にクレリック Wikiを編集する

ウィザード版を逆にしただけ。

  1. クレリックLV13(転職回数を節約したいなら省略も可)
  2. ウィザードLV30
  3. ナイトLV21

その3:補助特化型 Wikiを編集する

ダンサーを挟んで交互に魔法職を経験させる
セット出来るスキル枠も多くなるため初心者にお勧め
ウィザードとクレリックは逆でも可

  1. クレリックLv13
  2. ダンサーLv13or14
  3. ウィザードLv14
  4. クレリックLv30

やりこみ用転職(周回プレイ用) Wikiを編集する

全クラスをLV30まで上げて転職をすれば問題ない。
留意点を数例紹介。

汎用(PC版のみ) Wikiを編集する

物理アタッカー、タンク、スペルユーザーに関係なく
クレリックLV26まで上げて「聖なる魂」を覚える。
(余裕があるならLV30まで上げてマナ交換・マナ回復II・聖術Vまで覚えてしまう。)


PC版では「聖なる魂」が強化されており、気絶以外のすべての状態異常を防げる。


一番上に戻る / indexに戻る