目次

概要

キャンプは短期間で選手の能力を飛躍的に上げてくれる速攻性の高い育成が可能
出番が少ない若手の覚醒ポイントも場所によっては多く貯まり覚醒しやすくなる。
しかしキャンプ中は特別練習と秘蔵っ子練習が進まず、飛躍的に能力が上がる場所はお金がかかり疲労度が貯まりやすいデメリットがある。
若手育成の基本は期限付き移籍の方が効果が大きく特別練習は時間がいくらあっても足りないのでキャンプはデメリットの方が若干多い。
 
よってどちらかというとキャンプの目的は期限付き移籍場所との友好度を上げるために、期限付き移籍させたいチームと戦う目的に使う方が後々効いてくる。
ドイツやイタリアのトップチームはイギリスやスペインよりも期限付き移籍した選手を使ってくれ、効果も最大の場所が多いので、キャンプに行って対戦し友好度を上げておくと後の若手育成が楽になる。
各項目の期限付き移籍先を確保した後はキャンプを控えるのも選択肢に入れておくといい。

スポンサーリンク

一覧

地域主な効果