選手/成長コメント

Top / 選手 / 成長コメント

目次 Wikiを編集する

備考 Wikiを編集する

7と同じ。

成長のピークと覚醒について Wikiを編集する

成長のピーク時に覚醒を行うことで通常よりも限界値が多く上がる。
下記の衰退Lvが変動すると、ピークも変動するので注意。

早A20-22
早B24-26
普A24-26
普B28-30
晩A28-30
晩B32-34
2段24-25、28-29
長期26-31

衰退Lvについて Wikiを編集する

今回も衰退LVあり。「-2~(初期)~+2」の5段階。
この衰退LVがあがると能力持続期間が短くなり下がると能力持続期間が長くなる。
(寿命が延びる・縮むとかいうのは、この衰退LVの増減のこと)

衰退LVが変化すると下記の表と異なるコメントがでてくる

  • 衰退LVが下がる条件(寿命が延びる)
    • 秘蔵っ子練習中にフィジカルが伸びると発生するイベント
    • 衰えが始まった選手のランダムイベント
      • 早熟系は選手再生工場が優先される?
    • 天狗状態の選手が2回サボった後に面談をすると発生するイベント
      • 衰退LVが上がる条件と紙一重なので注意
  • 衰退LVが上がる条件(寿命が縮む)
    • 天狗状態の選手が2回サボった後にさらに天狗状態を放置
    • 長期の怪我をする。
    • 疲労がたまりすぎているとおこるイベントで下がる
    • スランプ状態を長期間放置する。
    • メンタルが低い選手が、コンディション&モチベーションが最悪の状態で発生

一覧と特徴 Wikiを編集する

赤字は成長ピーク(覚醒2倍)
●は衰えがくる年齢

早熟A Wikiを編集する

年齢コメント
16~18最近急激に力を伸ばしており~
19~23更に成長できる余地があり~
24~28力を持続して発揮しており~
29~30●成長は見えなくなったが~
31~32力の衰えが目立って~
33~プロとしての限界~

もっとも活躍期間が短い。超早熟。20代後半から劣化が始まる。
普通に育てると育てにくいタイプ。

ただコールドスリープ前提であれば、早い成長ピーク(覚醒2倍)のため10代で覚醒を済ませ、
寿命延長をすることで長期間活躍させることができる。

早熟B Wikiを編集する

年齢コメント
16~17著しい成長を見せており~
18~21最近急激に力を伸ばしており~
22~27更に成長できる余地があり~
28~30力を持続して発揮しており~
31~32●成長は望みづらくなったが~
33~33全体的に能力の低下が~
34~35力の衰えが目立って~
36~プロとしての限界~

普通の早熟。30代前半から劣化が始まる。
早熟Aよりはましだが、育成可能期間が短いので若いうちから育てないとつらい。

こちらもコールドスリープを利用することで使い勝手が上がる。

普通A Wikiを編集する

年齢コメント
16~17まだプレイに若さが見えるが~
18~22著しい成長を見せており~
23~29選手としての最盛期を迎えており~
30~32力を持続して発揮しており~
33~34●成長は望みづらくなったが~
35~36全体的に能力の低下が~
37~39力の衰えが目立って~
40~プロとしての限界~

早熟寄りの普通。多くの選手がこのタイプ。30代前半から劣化が始まる。
成長期間・成長ピーク・衰えなど、早熟Bとあまりかわらない。
使い勝手もほとんど早熟Bとかわらない。

普通B Wikiを編集する

年齢コメント
16~18経験こそまだまだ浅いが~
19~21まだプレイに若さが見えるが~
22~26ここにきて急激に力を伸ばしていて~
27~32今がまさに成長のピークであり~
33~35力を持続して発揮しており~
36~37●成長は望みづらいが~
38~39全体的に能力の低下が~
40~41力の衰えが目立って~
42~プロとしての限界~

晩成寄りの普通。多くの選手がこのタイプ。30代半ばから劣化が始まる。
20代後半からはほとんど晩成Aと同じような成長タイプになる。
10代~27までの成長の伸びは普通Bのほうが優れているので、こちらのほうが育成はしやすい。

晩成A Wikiを編集する

年齢コメント
16~17現在、伸び悩んでいる様子~
18~19経験こそまだまだだが~
20~23ゆっくりとだが着実な成長を見せ~
24~26日増しに能力が高まっており~
27~33最近急激に力を伸ばしており~
34~35力を持続して発揮しており~
36~37●成長は望みずらいがベテランらしい~
38~39力の衰えが目立っており~
40~プロとしての限界~

成長期間が短いほうの晩成。30代半ばから劣化が始まる。
標準Bが優秀なため、晩成Aは若干微妙か。

晩成B Wikiを編集する

年齢コメント
16~18現在、伸び悩んでいる様子~
19~21ゆっくりとだが着実な成長を見せ~
22~26日増しに能力が高まっており~
27~30最近急激に力を伸ばしており~
31~36選手としての最盛期を~
37~38力を持続して発揮しており~
39~41●成長は望みずらいがベテランらしい~
42~42力の衰えが目立っており~
43~プロとしての限界~

成長期間が長いほうの晩成。30代後半から劣化が始まる。
ピーク期間が30代前半から後半と文字通りの晩成。
寿命延長をすれば45までほとんど衰えなしでいける。

2段階 Wikiを編集する

年齢コメント
16~19まだまだ若手ではあるが~
20~22経験はまだまだ浅いが~
23~25更に成長できる余地があり~
26~27現在、伸び悩んでいる様子で~
28~29改めて成長力が増している様子。
30~34力を持続して発揮しており~
35~39●成長は望みづらくなったが~
40~41力の衰えが目立って~
42~プロとしての限界~

成長のピークが2回くるタイプ。30代半ばから劣化が始まる。
通常のままだと育成のピーク期間も活躍期間も非常に微妙だが、
寿命延長を1回でもすれば、20代半ばの伸び悩み期間がなくなるので非常に使えるタイプになる。
(成長ピークが23-29の期間になる)

今作は26-27歳での引退は、頻度が非常に低くなっている。

長期安定 Wikiを編集する

年齢コメント
16~18日増しに能力が高まっており~
19~21著しい成長を見せており~
22~23最近急激に力を伸ばしており~
24~25更に成長できる余地があり~
26~33とどまる事無く成長を続けており~
34~38力を持続して発揮しており~
39~40●成長は望みづらいが~
41~41選手としてのピークは~
42~43力の衰えが目立って~
44~プロとしての限界~

10代から30前半まで成長期が続くタイプ。30代後半から劣化が始まる。
もっとも育てやすい成長タイプ。
寿命延長をすれば45までほとんど衰えなしでいける。

見分け方 Wikiを編集する

ユース年代での見分け方 Wikiを編集する

16歳時点で晩成系以外の判断ができる。
晩成Aと晩成Bは18歳のコメントで判断可能。

  • 16-17歳のコメント
    • 最近急激に → 早熟A
    • 著しい成長を → 早熟B
    • まだプレイに若さ → 普通A
    • 経験こそまだまだ → 普通B
    • 現在、伸び悩んでいる → 晩成A or 晩成B(この時点では判断できない)
    • まだまだ若手 → 2段階
    • 日増しに能力が → 長期
  • 晩成A or 晩成Bの見分け方:18歳のコメント
    • 経験こそまだまだ → 晩成A
    • 現在、伸び悩んでいる → 晩成B

通常の見分け方 Wikiを編集する

色付きの欄は成長タイプが一意に判別可能(グレー部は複数の成長タイプの可能性あり)

早熟A早熟B普通A普通B晩成A晩成B2段長期
16最近急激に著しい成長をまだプレイに若さ経験こそまだまだ現在、伸び悩んでいる現在、伸び悩んでいるまだまだ若手日増しに能力が
17最近急激に著しい成長をまだプレイに若さ経験こそまだまだ現在、伸び悩んでいる現在、伸び悩んでいるまだまだ若手日増しに能力が
18最近急激に最近急激に著しい成長を経験こそまだまだ経験こそまだまだ現在、伸び悩んでいるまだまだ若手日増しに能力が
19更に成長できる最近急激に著しい成長をまだプレイに若さ経験こそまだまだゆっくりとだが着実まだまだ若手著しい成長を
20更に成長できる最近急激に著しい成長をまだプレイに若さゆっくりとだが着実ゆっくりとだが着実経験はまだまだ著しい成長を
21更に成長できる最近急激に著しい成長をまだプレイに若さゆっくりとだが着実ゆっくりとだが着実経験はまだまだ著しい成長を
22更に成長できる更に成長できる著しい成長をここにきて急激にゆっくりとだが着実日増しに能力が経験はまだまだ最近急激に
23更に成長できる更に成長できる選手としての最盛期ここにきて急激にゆっくりとだが着実日増しに能力が更に成長できる最近急激に
24力を持続して発揮更に成長できる選手としての最盛期ここにきて急激に日増しに能力が日増しに能力が更に成長できる更に成長できる
25力を持続して発揮更に成長できる選手としての最盛期ここにきて急激に日増しに能力が日増しに能力が更に成長できる更に成長できる

スポンサーリンク


一番上に戻る / indexに戻る