VITA版新要素

Top / VITA版新要素

目次 Wikiを編集する

新シナリオ追加 Wikiを編集する

新シナリオ「元禄怪奇譚」
DLC配信(有料/各¥500)で4人の新主人公+新規ストーリーを追加。
大量の新キャラや新グラフィック、新ステージに新BGM、果てはテーマソングまで追加した超豪華仕様。
採算度外視で作ったと言うだけあって¥500という価格では有り得ないほど充実している。
朧村正本編とも密接に繋がっている正史ストーリー。

高解像度化 Wikiを編集する

Wii解像度(720×480)からVITA解像度(960×544)への移行に合わせて画質を1.5倍に高解像度化。
更に携帯機の画面に合わせてdpiが極めて高くなっている為、Wii版のぼやけた映像に比べ非常に画質が鮮明になっており
今まで潰れていたキャラの細かい表情なども読み取りやすくなった。

キーコンフィグ追加 Wikiを編集する

各キーコンフィグを追加。
新たにジャンプボタンが配置され、初期配置が今まで暴発の多かった方向キー↑のジャンプから×ボタンによるジャンプに変更されている。
従来通りの方向キー↑のジャンプにも戻せる他、ジャンプボタンと同時に併用する設定も可能。

地図上に親玉配置図追加 Wikiを編集する

元禄怪奇譚の新要素。
地図の全国マップ上から全魔窟・全親玉の名称と配置図、及び討伐状況が一目で確認できるようになった。
ストーリー1週目のクリア後から閲覧可能。

スタッフロールスキップ Wikiを編集する

○ボタン+×ボタンでスタッフロールのスキップが出来るように。
EDのたびにスタッフロールを全て見なければならなかったWii版と比べ、ED集めにかかる時間が非常に短縮された。

Wii海外版要素追加 Wikiを編集する

  • 祠ワープ
    • クリア後の国の祠からワープが可能に

備考 Wikiを編集する

  • 入った瞬間敵エンカウントする(地図が表示されたままになる)場所で敵を一体も倒さず素通りした場合評価は下されない。
  • 親玉戦前後の会話でモブ(忍等)に番号が振られている。

難易度調整 Wikiを編集する

  • 輪入道弱体
    • 暗転攻撃中の体当たりの頻度が下がった。
  • 土蜘蛛弱体
    • 紫の子蜘蛛(強いほうの蜘蛛)出現頻度減少(もしくは出現しない)

スポンサーリンク