羅邪鬼編/戦い方

Top / 羅邪鬼編 / 戦い方

目次 Wikiを編集する

概要 Wikiを編集する

全体的にリーチが短めで癖も有る代わりにとにかく攻撃力が高いパワータイプのキャラクター。
特定の攻撃を連続ヒットさせると追加攻撃が発生する「狂化」システムを搭載。

基本操作 Wikiを編集する

緊急回避は猫娘と同じモーションも無敵も移動距離も長いローリング。

姿の切り替え Wikiを編集する

基本は「子供」か「大人」で戦い、ゲージ消費で一定時間のみ「大鬼」に変身が可能。

子供 Wikiを編集する

マサカリによる連続攻撃が特徴。
大人に比べリーチが短い代わりに連撃中の左右移動が効きやすい

  • □連打で連続攻撃
    • 地上空中問わず最終段にジャンプキャンセルが効くのでこれだけで延々と殴ってられる
  • 下□で回転攻撃
    • 一定回数ヒットで狂化して回転時間とリーチ延長
    • 長時間連打していると目を回して数秒間行動不能になる。汗が出始めたらすぐにジャンプ等でキャンセルを。
  • 空中下□で回転しながらの落下攻撃
    • 敵の頭上から当てるとバウンドし、そのまま3回連続で当てると狂化して強力な急降下攻撃に派生
      • コツは下□を入力したら以降はなるべく操作しようとせず微調整に留める事
  • 奥義はどこからか取り出した金槌でひたすらぶっ叩く連続攻撃。どこからか8bitな音楽が聞こえてきそう
    • 一定回数ヒットさせると狂化。攻撃時間の延長に加え最後にトドメの叩きつけ攻撃が追加される
    • とにかく使いやすい。モーション中いつでも振り向きや二段ジャンプが可能で、空中でも発動できる
    • 移動しなくても僅かに前に進むため静止したまま使えないのが唯一の欠点
    • 鍛錬などで強化しつくして、全ての攻撃を当てると狂化を含めて20回近く殴れるため全キャラ全ての奥義の中でも桁違いの威力を誇る

大人 Wikiを編集する

金棒による広い攻撃範囲と重い一撃が特徴。

  • □連打でぶんまわし攻撃(鍛錬で空中発動可)
    • 一定回数ヒットで狂化。回転時間の延長とトドメの叩きつけ攻撃が追加される
    • 全方位に凄まじいダメージを叩き出す代わりに、モーション中は左右移動を受け付けない
  • ダッシュ攻撃が上限一回で発生が遅くなり、ヒット時に爆発付与と癖の強い物に変化
  • 奥義は巨大な火球を金棒で打ち出す遠距離攻撃。鍛錬で派生入力が可能に
    • ニュートラル○は横一直線に放つ特に攻撃力の高い火球
      • 地味ながらとにかく単発火力が高い。雑魚はこれ一発で全滅することも
    • 下○で斜め下に打ち、着弾後全方位に小さな火球を発射する範囲攻撃
    • 上○でバウンドして画面中を跳ねまわる火球
      • 敵を浮かせ続けてくれるのでコンボの中継に使いやすい

大鬼 Wikiを編集する

本編の雷神並に巨大化する。大鬼中は無敵で常に浮遊している状態。
延長なしで通常攻撃〆までを2セットくらい、
鍛錬の延長で通常攻撃〆までを3セット+通常攻撃2段階くらいまでを狙える。
ただし、いずれも大鬼後即攻撃開始+壁際+ダウンした敵が続けて喰らう前提。

  • 通常攻撃(殴り連打→〆の一撃)
    • 高火力。しかもヒット中はほとんどの敵を仰け反り状態にするため、
      これだけで何もさせずに完封できるほど強力。
      最高3段階まで連打が加速し、〆の一撃は超火力になる。
      ただそれと同時に遠くに吹き飛ばしてしまうため、
      壁付近で使い、敵を壁方向に飛ばすなどの工夫が必要。
      また攻撃時の手が届かない後ろ側にはヒット判定がなく、
      普通サイズの敵は大鬼の姿で見づらくなるため、見逃さないようにしよう。

      連打途中で一旦攻撃を止め、再度1段階から連打なんてことも可能だが、
      仰け反り状態が解けて逃げられやすくなるため、考え物である。
  • 奥義
    • 火の玉になって突撃する。ゲージが0になるか再度○で爆発
      火の玉中は常に攻撃判定がありさらに攻撃力が上がり続けるのでできるだけ維持したい。
      ただ火の玉中移動はできるものの、制御が難しいため、
      大鬼変化後、奥義を即使うのはよっぽど制御が上手くない限り
      ゲージが勿体ないロマン技である。

狂化攻撃 Wikiを編集する


スポンサーリンク