クラス/レンジャー

Top / クラス / レンジャー

目次 Wikiを編集する



紹介 Wikiを編集する

弓による遠距離攻撃ができる中衛クラス。
火力は前衛に劣るが、命中は随一。

性能 Wikiを編集する

紹介にあった通り、遠距離攻撃可能なアタッカー
序~中盤までは高い命中と攻撃力を併せ持つため、特にボス戦で力を発揮するクラス。
終盤では両手武器二刀流に火力で劣るものの、神器で補ってやれば火力面でも十分活躍が見込める。

基本能力 Wikiを編集する

能力数値Lvアップ時の上昇度合
HP補正高い高い
MP補正低い低い
命中131Lvup毎に+1
回避(種族値)(成長しない)
防御(VIT依存)Lv7で+1、以降6Lvup毎に+1
攻撃力補正高い(6)
呪攻成長度低い

取得スキル Wikiを編集する

スキル名タイプ対象習得Lv効果備考
狩人の目パッシブ味方全員/
攻撃対象の敵
Lv3攻撃対象を選択する際、敵のHPを視認できるようになる。誰か一人でもこのスキルを習得していれば全員が視認可能
集中アクティブ自身Lv71ターンを集中に費やし、次ターン以降「要事前の集中」と書かれたスキルを使用可能にする。ストックは1回分のみ。集中が必要なスキルを神器で習得するとセットで覚える
スナイプアクティブ敵1体Lv7弓による強力な一撃を放つ。命中上昇&攻撃対象の一部のパッシブスキルを無効化、致命攻撃を付与しつつさらにその発動率も上昇させる。要事前の集中。弓装備時のみ使用可能
トゥルースナイプ習得者は集中不要に
ピアースパッシブ敵複数列Lv12弓による攻撃時、確率で攻撃が貫通。後列の敵1体にもダメージを与えるようになる。発動率はSTR、LUC依存
一部のスキル使用時には発動しない
バリスタショットアクティブ敵1列Lv18敵1列の不特定対象に3回攻撃。攻撃対象は攻撃1回ごとにランダムで選ばれる。攻撃力が大幅に低下。解説文の「命中低下」は誤記
超集中アクティブ自身Lv251ターンを集中に費やし、次ターン以降「要事前の集中、超集中」と書かれたスキルを使用可能にする。超集中はダメージを受けると途切れるが、途切れるまでは上記スキルを連続で使用可能。
トゥルースナイプアクティブ敵複数列Lv25より強化されたスナイプを放つ。スナイプの効果は全て適用、さらに「必中」「ピアース発動率100%」「攻撃対象へのスローが追加発動」が加わる。要事前の超集中。弓装備時のみ使用可能
パッシブ自身習得者の「集中」を「超集中」に変化させる。また、スナイプが集中不要で使用できるようになる。神器による習得時もこの効果は適用される

育成 Wikiを編集する

基本は物理アタッカータイプの育成でOK。
他に物理火力要員がパーティにいて、「なんか物足りない…」と思ったらサポートタイプへの切り替えも検討してみよう。
神器の付け替えだけでスイッチできるので育てなおす必要はない。

物理アタッカータイプ Wikiを編集する

神器でラッシュまたはベイン系スキルを習得し、命中が十分あるなら前述のスキルを、高回避の敵にはスナイプ系スキルやホーリーチャージ/プロヴィデンスで攻撃する。

ステ割り振り Wikiを編集する

最も重要なのは、ほぼ唯一の縦列攻撃スキル「ピアース」の発動や状態異常に効果があるLUC。
そのため、ある程度(10~15)VITにステを割り振って以降はLUCを重点的に伸ばすのが有効。
LUCを伸ばした後は好みで良いが、STRとAGIを伸ばすがベターか。

ただし、AGIを伸ばす際は若干注意が必要。
トゥルースナイプ習得で集中が自動的に超集中に変化してしまうため、AGIが高いと超集中(レンジャー)→攻撃(敵)で折角の超集中が解除されるおそれがあるのが理由。
なんらかの防御手段、あるいは超集中をあまり使わない等の場合はこの限りではない。

基本的にはLUCさえ振ってしまえば、後は神器での補強を踏まえて自分の好きに育成してしまって構わない。

装備品 Wikiを編集する

弓だけはいいものを常に装備していきたい。
防具は命中を落とさない物を選ぶ。盾役がいるなら回避/防御は二の次でいい。

神器 Wikiを編集する

  • キラーエッジ
    • 物理アタッカー全般にオススメの技能。弓は基本的に単発威力が高い物が多いため有効。
  • 斬り込み系スキル
    • 雑魚戦時の範囲火力用。ピアースは発動しないがそれでも十分強い。
  • ラッシュ/ベイン系スキル
    • 最初から最後まで対強敵用への火力スキルとして使える。超集中との相性が非常によく、ピアースもちゃんと発動する。
      ピアースを活かしたい場合、グループ攻撃のラッシュ系の方が発動期待値を鑑みるに有効か。
  • ホーリーチャージ、プロヴィデンス
    • 集中不要の高威力攻撃(対不死付き)として。基本立ち位置が後列なので、防御悪化をあまり気にせず使える。プロヴィデンスの場合、単発威力の高い弓と攻撃回数上昇の相性も良好。
  • スニークアタック
    • 立ち位置が後列なので、あまり見つからず毎ターン防御無視攻撃が可能になる。シャドーアサルトとセットで使えば更に火力が上がるが、隠れ続けられるかどうかはリアルラック次第。

サポータータイプ Wikiを編集する

神器での火力補強はラッシュ/ベイン系スキルまたはプロヴィデンスをつけるにとどめ、残りの4枠でサポートスキルやスペルを習得。パーティに足りないところを補う。
雑魚戦よりはクリア後のボス戦(特にエデンマラソン時)を重視したスタイル。

ステ割り振り、装備 Wikiを編集する

基本的に物理アタッカータイプと同様でOK。

神器 Wikiを編集する

  • ラッシュ/ベイン系スキル、プロヴィデンス
    • 最低限これだけはつけておけば物理火力としてカウントできる。
  • シャドーステップ+ミラージュ
    • 疑似盾アサ。緊急時のサブ盾としてならこれだけあれば十分。
    • レンジャーの防具はアサシンと被るため回避が命のミラージュとは相性がいい。
  • クロスフィックス
    • ピアース発動のためLUKを上げるレンジャーなら非常にうまく扱えるスキル。火力要員が他にもいるなら是非。ただし、このスキルを使わせたいならAGIも積極的に振る&ブーストすること。
  • 各種スペル獲得神器
    • デバインウェポンやホイッスルなどの、効果がステータス依存ではない補助スペルを習得させ、ボス戦における仕込みを手伝うのが狙い。仕込みが早く終わればそれだけボス撃破までのターンが短くなり、結果時間的効率と安全性がアップする。
    • 仮にINTとMYSを全く上げていなくても数回のスペル使用に足るMPはある(Lv50で80程度)。あとはMP回復手段を用意してやればいい。

スキル Wikiを編集する

物理攻撃スキルまとめ Wikiを編集する

スキル名(基礎ダメージ倍率)×回数命中修正備考
スナイプ(1.0)×1+5攻撃対象の防御を半減してダメージ計算
パリィ、反撃無効化
致命付与&発動率上昇
トゥルースナイプ(1.0)×1必中攻撃対象の防御をゼロとしてダメージ計算
攻撃対象の回避及び防御に関わるパッシブスキル無効化
致命付与&発動率上昇
ピアース発動率100%
攻撃対象へのスローが追加発動
バリスタショット(0.6)×3表記ダメージに左記倍率がかかる
ピアース(0.8)×1表記ダメージに左記倍率がかかる
  • スナイプに対してはデバインボディが発動する。トゥルースナイプならデバインボディも発動しない。

狩人の目 Wikiを編集する

効果は「HPゲージが目視できる」というだけだが、ザコだけでなくボスのHPも見えるため、戦略面において絶大な影響を与える超重要スキル。
最初のダンジョンでこの神器を獲得できるので、レンジャーをメンバーに組み込まない場合は最優先で獲得すること。

なお、誰につけさせてもパーティーメンバー全員がHPゲージを視認できるようになるが、スキル習得者が麻痺or瀕死になっている間は効果が発揮されなくなる。

スナイプ Wikiを編集する

なかなかに強力な効果が揃ってはいるが、習得したてで「事前の集中」が必要な頃は使いにくいスキル。
トゥルースナイプ習得で集中抜きでいつでも撃てるようになる。こうなれば普通の「Fight」コマンドは完全にお払い箱。

ピアース Wikiを編集する

通常攻撃やスナイプ系スキルだけではなく、バリスタショットやラッシュアタックのような複数回攻撃でも発動する。
レンジャーに足りない手数を補ってくれるので、ボスがやたらめったら仲間を呼び、かつ雑魚敵も4列まで出現する今作においては相対的に非常に強力なスキル。
ただし、下記に挙げる注意点もある。

  • 他の作品(「円卓の生徒」等)と違い槍では発動しない。あくまでも弓装備時限定。
  • ピアースで発動した攻撃には事前に使用したスキルの効果は乗らない。武器に付与されている効果は乗る。
    • 例…トゥルースナイプ使用後にピアースが発動、しかしこの攻撃には防御無視効果や必中効果は乗らない。
  • 発動する状況
    スキル、スペル名判定スキル、スペル名判定スキル、スペル名判定
    ベイン系スキル切り込み系スキル×シャドーアサルト
    反撃修羅表&裏式×クロスサンダー
    ラッシュ系スキルスナイプ
    ワイルドスイングトゥルースナイプ
    ホーリーチャージバリスタショット
    プロヴィデンススニークアタック

バリスタショット Wikiを編集する

解説には「命中、攻撃が低下する」とあるが、命中は下がっていない。
一方で表記ダメージが大幅に低下するため、高攻撃力を確保したり、麻痺、気絶等を入れる
(左記の状態異常には防御半減効果がある)などしないとロクにダメージが通らず、
ヘタをしたら通常攻撃をした方がダメージが高かった、なんてことになりかねない。
集中なしで咄嗟に繰り出せるので、状態異常付与目的で攻撃をバラまいたり、ピアース発動のトリガーとして使う分には優秀。

なお、このスキルは弓以外の武器でも使用可能となっている。

トゥルースナイプ Wikiを編集する

一見ただのスナイプ強化版だが、その真価は「集中を超集中に変化させる」点にある。
習得すればトゥルースナイプはもちろん、神器で習得したベイン/ラッシュ系スキルも連発可能になる凶悪スキル。
神器でもこの効果は適用されるため、ウィザードに付けてブーストマジックを連発する、なんて運用も可能。

ただし、「普通の集中が使えなくなる」という欠点もあるため、
「超集中→同ターンで被弾解除→超集中→同ターンで被弾解除(以下エンドレス)」と
集中が要るスキル頼りだと乱戦時にいつまでもスキルが使えない木偶と化してしまう。
本職はバリスタショットがあるが、他職が神器で習得させる場合は他の攻撃手段も用意しておきたい。
トゥルースナイプ自体も追加効果が強力(特に必中効果)なので、状況に応じて使い分けるとよい。

 



スポンサーリンク