クラス/サムライ

Top / クラス / サムライ

目次 Wikiを編集する



紹介 Wikiを編集する

前衛としては軽装のスピードファイター。
一撃必殺の剣を操り、敵の群れをなぎ倒す。

性能 Wikiを編集する

ノーコストの範囲物理攻撃「斬り込み」と単体連続攻撃スキル「修羅」を持つ純アタッカー
大量出現する雑魚敵に対して特に強く、状態異常を誘発する武器を二刀流して切り込めば、
デモンゲージを貯めつつ敵を無力化できるので非常に有効。
ほぼサムライ・アサシン専用武器である刀の多くが致命持ちであるのも特徴。

同じ前衛物理アタッカーのファイターと比べると、装備の幅が狭いのが欠点。
また単体攻撃スキル「修羅」の癖がものすごく強く、タイミングを判断して運用すれば無類の爆発力を誇るが、
それが可能になるのは育成や装備調達が十分に進んだゲーム後半になってからなので、
それまでの間どのように運用していくか、が課題となる。

総じて、低Lv時は攻撃力を発揮しづらいが、装備やスキル(神器)、パーティとの連携が
充実してくると本領を発揮する、晩成型のクラスと言える。

基本能力 Wikiを編集する

能力数値Lvアップ時の上昇度合
HP補正高い高い
MP補正低い低い
命中111LvUp毎に+1
回避(種族値)(成長しない)
防御(VIT依存)Lv6で+1、以降5LvUp毎に+1
攻撃力補正最高(5)
呪攻成長度低い

取得スキル Wikiを編集する

スキル名タイプ対象習得Lv効果備考
二刀流パッシブ自身Lv1持ち手が「片手」の武器を左手側にも装備可能になる。片手弓は二刀流不可
斬り込み 壱アクティブ敵1列Lv4敵1列に範囲物理攻撃。攻撃力が若干低下。射程は武器依存
(二刀流時は射程が長い方に合わせられる)
修羅 表式アクティブ敵1体Lv7対象に一騎打ち(自身の攻撃→敵の反撃のセット)をしかける。
一騎打ちは(修羅 表式使用者のLv)回数もしくは対象の物理攻撃を受けるまで繰り返される。
命中+5
修羅実行中は自身の防御が0に
回避ボーナスあり(サイクルを繰り返すごとに徐々に減衰)
斬り込み 弐アクティブ敵2列Lv12敵2列に範囲物理攻撃。攻撃力が低下。射程は武器依存
(二刀流時は射程が長い方に合わせられる)
修羅 裏式アクティブ敵1体Lv19対象に一騎打ち(自身の攻撃→敵の反撃のセット)をしかける。
一騎打ちは(修羅 裏式使用者のLv)回数もしくは自身か対象が倒れるまで繰り返される。
命中+5
修羅実行中は自身の防御が0に
回避ボーナスあり(サイクルを繰り返すごとに徐々に減衰)
斬り込み 参アクティブ敵3列Lv28敵3列に範囲物理攻撃。攻撃力が大幅低下。射程は武器依存
(二刀流時は射程が長い方に合わせられる)

育成 Wikiを編集する

物理アタッカータイプ Wikiを編集する

神器でラッシュまたはベイン系スキルを習得し、切り込みと前述のスキルを使い分けて戦う。

本編ラスボス当たりでバフデバフが揃ってくると修羅が本領を発揮できるようになるので、
神器を付け替えれば修羅特化型にスイッチも可能。
ただし、修羅は一度でも使ってみればわかるが、自身の回避率が十分高まっていないと自滅するばかりなので、
バフデバフが揃うまでは封印もしくは修羅 表式を死なない程度に使うにとどめておくこと。
その代わり、高レベルになってバフ、デバフを十分積んだ状態での修羅は、
(運も絡むが)例えボス敵であろうと1ターン確殺を狙えるバ火力を誇る。
1ターン目から安定した高火力を出せるファイターやウィザードには総合火力で劣ると思われるが、
ボスの1ターン確殺を狙えるということから判る様に、瞬間火力は他の追随を許さない。

ステ割り振り Wikiを編集する

VITに振って最大HPを確保した後、行動順と二刀流時の左手武器の攻撃力に影響するAGIに振る。
特にAGIは早めにブースト込み25以上を達成したい。
その後はSTRに振って与ダメを伸ばすか、LUCに振って状態異常付与成功率を上げるか選ぶことになる。
修羅を活用できるようになるまでは斬り込み+ピコハン等での状態異常のばらまきが主体になるので、優先順位としてはLUC>STRだろうか。

装備品 Wikiを編集する

ザコ専用の状態異常誘発武器と、ボス専用の単発高威力武器を用意。
片手武器ならそこそこの攻撃力を持ち致命攻撃が付与されているものが多い刀と、
麻痺、気絶を付与できるピコハンマーやスタックスタッフがオススメ。
これで斬り込みを行えばガンガン雑魚を倒せる。
序盤戦では弓を持たせるのもいい。これで後列から斬り込みさせれば安全かつ高ダメージをばらまける。
防具は中盤くらいまではドロップ品の中から性能のいいものを適当に選んで装備していくだけでいいが、
修羅を活用できるレベルに達したら回避値の高い物を選びたい。

神器 Wikiを編集する

  • キラーエッジ
    • 物理攻撃ならスキル使用時(斬り込みや修羅でも)も効果が発動するので、火力が大幅に上がる。
  • ラッシュ/ベイン系スキル
    • 集中が必要だが、修羅と異なり侍の防御能力を気にせず使えるのが○。
      ラッシュ系スキルは攻撃機会の多さとオートターゲット、ベイン系スキルは単体への高ダメージがメリット。
  • トゥルースナイプ
    • ラッシュ/ベイン系スキルとセットでつける。超集中のおかげで毎ターン使用可能。
  • アストロフォース
    • 自分及び相手の位置を問わず切り込み出来るのが利点。ラッシュ/ベイン系+トゥルースナイプとの相性も良好。
  • 神の両腕
    • 2周目以降限定だが大村正二刀流のロマンは大きい。
  • シャドーステップ、デバインボディ、パリィ、ホーリーガード
    • サムライの弱点である打たれ弱さの補強。ラッシュ/ベイン系スキル主体に立ち回るなら全ては必須ではないが、修羅型の際は全部つけたほうがよい。特にホーリーガードは致命持ちの敵に修羅を実行する際必須。
  • クロスフィックス
    • AGIやLUCを強化済みかつアサシンがいないなら付ける価値はある。もしこれを付けるならスニークアタックもセットで付けておこう。そうすれば雑魚戦はスニークアタック、強敵はクロスフィックスと上手く使い分けることができる。

スキル Wikiを編集する

物理攻撃スキルまとめ Wikiを編集する

スキル名(基礎ダメージ倍率)×回数命中修正備考
切り込み 壱(0.85)×Nなし最終ダメージに左記倍率がかかる
切り込み 弐(0.65)×Nなし最終ダメージに左記倍率がかかる
切り込み 参(0.5)×Nなし最終ダメージに左記倍率がかかる
修羅(1.0)×N+5下記解説参照

二刀流(神器「神の両腕」含む) Wikiを編集する

  • 切り込み以外の物理攻撃を行う際、射程は左右の武器で別々に判定される。
    • 例…射程MとSの武器を左右に持って前列から2列目の敵に攻撃。すると射程Mの武器は攻撃が届くが、射程Sの方は不発に終わる。
  • 二刀流を行った際、左手に持った武器には攻撃力にマイナス補正がかかる
    このマイナス補正はAGIを上げることで緩和が可能。AGI1ポイント(装備、インテリアによる補正含む)につき4%回復し、
    AGI25以上で本来の性能(攻撃力100%)発揮するようになる

斬り込み系 Wikiを編集する

ダメージへのマイナス補正は、最終ダメージ(攻撃力-防御や、特効、耐性などの諸々の計算が
終わった後のダメージ)にかかる。
MPや集中を必要としない良スキルであるが、壱弐はともかく、参になるとダメージにはあまり期待できない。
デモンゲージ貯めや状態異常ばらまき用と割り切ってしまった方がいい。

修羅 表式/裏式 Wikiを編集する

「サムライの攻撃→敵の攻撃」を1サイクルとした場合、
修羅 表式は「敵の攻撃がサムライに当たるか、最大でも(修羅 表式使用者のLv)回数分」、
裏式は「どちらかが死ぬか、最大でも(修羅 裏式使用者のLv)回数分」まで1サイクルを繰り返す。

  • 下記の状況になると修羅は中断される。
    • 敵の物理攻撃の射程外から修羅を仕掛けた場合
    • 〇〇のヴェールを張り、敵からの長射程物理攻撃が遮断される状況になった場合
  • 過去作では「修羅実行者と攻撃対象のどちらかが行動不能の状態異常になると修羅が止まる」仕様だったのだが、
    本作では止まらない。そのため気絶中やクロスフィックスがかかった敵にも修羅での連続攻撃が可能となったが、
    一方でピヨりながらも修羅を実行し続けてあっさり死ぬことも起こりうる。
  • 修羅 表式使用時に「ホーリーシールドで攻撃を防いだ」場合は被弾扱いとならず攻撃が続行される。
    が、各種ダメージカットが適用されていない模様。そのため1or2サイクル目の反撃でシールドはあっさり割れる。
  • 表式、裏式共に、実行中は自身の防御力が0になる。
    • ただし、各種ダメージカット(防具のダメージカットや種族耐性、アイアンシェルやデバインアーマーなど)は有効。

修羅の運用方法 Wikiを編集する

何も考えずに使うとあっさりカウンターで沈むので扱いが難しいが
それなりの用意さえすればジャイアントトードやゴーレムのようなデカブツを瞬殺できるので非常に強力。

基本的には反撃を受ける回数に直結する火力をまず確保することが最優先。
例えば盾を装備すると与ダメージが二刀流時の半分になるため、こちらが反撃を受ける回数は倍になる。
つまり、盾を装備することによって反撃ダメージを盾装備前の半分以下まで減らせない限り、盾装備のデメリットがメリットを上回ってしまう。

  • 雑魚戦開幕ぶっ放しセット
    • シャドーステップ・・・雑魚戦で運用するならこれは必須。
    • 防具・・・種族耐性、ダメージカット、回避(真ん中の盾アイコン)を重視。
    • クロノス+アイアンシェル・・・これと合わせれば修羅 表であれば開幕ぶっぱしてもまず死なない。
    • 武器・・・やられる前にやる。基本は攻撃力最優先だが、気絶や麻痺付与が付いていると、付与成功後はパリィなどの発動を阻止できるようになるので一考の余地あり。
    • 先読み回復・・・サムライはAGIが高くなりやすいので、鈍足な魔法職に精霊の杖などを先読みで使わせれば反撃で減ったHPを即回復できて安心。
    • 裏式封印・・・無理をしないのが大事。基本は表式を使う。
  • 上記+ボス戦主砲セット
    • デバインアーマー・・・上記のクロノスと合わせれば1周目なら反撃のダメージが2桁程度にまで減る。
    • デバインウェポン・・・目に見えて火力が上昇する。可能な限り掛けておきたい。
    • 回避増加スペル・・・重ね掛けが基本。ヒーラー+ファストキャストかウィザード+サポートセットHがあると非常に早い。
    • 裏式封印・・・無理をしないのが大事。大事な事なので2回言いました。押し切れると確信したら解禁しよう。
       



スポンサーリンク