タイプ

Top / タイプ

目次 Wikiを編集する

概要 Wikiを編集する

  • 他ゲームで種族に当たる項目
  • タイプによる装備制限もある。
    • タイプパスコードを所持、もしくは装備品に「フィットパス○○」を付与することで緩和可能。
  • 防御値は数値が低い程効果が高く回避率に影響する

一覧表 Wikiを編集する

名称略称





HP



スタンダード9889884
エレガント710107883
アスリート97591371
マッスル136513677
インテリ6138689××5
ファニー766711132
スピリチャル68136611××6
アンラッキー88881260

各種タイプ別解説 Wikiを編集する

スタンダード(準) Wikiを編集する

運と神と体のバランスがよく何でもこなせる。
特にステータスバランスと装備制限の緩さからイージス盾の王騎士に向く。
またハンマー装備を想定した前衛型の聖術士にも向くが、余りがちなタイプフリーパスもあるのでお好みで。
基本的にどの職でもそつなくこなすので迷ったら取りあえずスタンダードにしておけば大きな失敗はない。
ただし、やはり特化タイプにはどう逆立ちしても一歩劣る。

エレガント(美) Wikiを編集する

神と知が高いことからスペルキャスター向きではあるが、意外と力や体、防御値も悪くはない。
打たれ強さを重視した聖/魔などが適正かもしれない。
装備傾向が前衛向きではないので装備に戦力の左右されやすい戦術士や王騎士には向かないかもしれない。

アスリート(活) Wikiを編集する

敏の高さから二刀流を使用する武術士や拳術士に向く。
暗術士も悪くはないが運は高い方ではないので暗撃などの発動率の影響するスキルと相性が良くない点に注意。
意外と学術士とも罠解除の点においては相性は悪くないが、鑑定のことを考えるなら運も高いファニータイプにした方が無難。

マッスル(豪) Wikiを編集する

力と体の値が高いことから前衛物理職向きのタイプ。
敏が最低値なので、二刀流のように敏の値が影響しない両手武器を使うことの多い戦術士が最高適正だろう。
また両手武器の弓矢、力と運の兼ね合いがピアース発動率に関わる射術士も適性が高い。
余談だが超集中を使用するにおいて敵よりも遅く行動できれば普通の集中と同じ感覚で使えるというメリットがある。
注意点として防御値が悪いことから防具に気を使わないと被弾しやすいという点があげられる。

インテリ(賢) Wikiを編集する

知の値が高いことから魔術士が最高適正。
鑑定能力の点でみれば学術士も適性は高い。また運もそこそこあるので罠解除も問題ない。
装備傾向上物理職には向かない。

ファニー(奇) Wikiを編集する

運と敏が高いことから学術士に向いている。どちらかというと罠解除特化。
両手エグゼ装備やレンジブレイク等敵の先手で使ったほうが効果の高いスペルを持つ学術士との親和性は高い。
また運が最高値であることから契約主体の召術士、確率発動系のスキルを多く持つ暗術士との相性も高い。
力と運の兼ね合いから射術士との相性も高いほか、運の高さから状態異常に強いので多少撃たれ弱いが王騎士にも向く。
アトミックワーク主体の魔術師との相性も良いが、一部ローブが装備制限に引っかかることに注意。
(極端な話全職このタイプでも問題ないというくらい運が高いという利点は大きい)

スピリチャル(聖) Wikiを編集する

神が最高値なことから聖術士との相性が高い。ただしハンマー系の殆どが装備できなくなる。
運もかなり高いことから召術士との相性も良い。TRANコードに回復系スペルがある点もポイント。
敏はマッスルと同様最低値だが運の高さから学術士ともそこそこ相性はいい。
打たれ弱さは全タイプではダントツなのでとても前衛職には向かない。
 

アンラッキー(凶) Wikiを編集する

敏の高さと運の極端な低さ以外は平均的なステータス。
初期防御値が優秀なので序盤ではかなり有利。
EXPの作品において運の重要性は高いのでその点においてかなり不遇なタイプである。
ちなみに装備傾向はスタンダードタイプに近いが、運にまつわるもの全てが装備不可である。


一番上に戻る / indexに戻る