ゲームの進め方

はじめに

開発元や一部紹介サイトでは「Cyberpunk Bartender Action」となっているが、ジャンルとしてはアクションではなく普通のADV形式(ビジュアルノベル型ADV)

  • 一応ミニゲームでアクション要素があるものがある。

ゲームシステム

主人公バーテンダーのジル
バーで客の相手をし、情報を集めていくことでゲームが進行する。

このゲームの最大の特徴選択肢 / コマンドの代わりにカクテル(お酒)を提供することでゲームが進行するという点。提供するカクテルの種類によってストーリーが変化していく

スポンサーリンク

ゲーム基本的な流れ

ゲームは全3章(3週間)構成。
バー(職場)と自宅の行き来をして日々を進める。
バーでのカクテル提供がメインとなる。
とりあえずの目標は各章終盤の支払いのためのお金を稼ぐこと。

バー(カクテル選択)

開店後に客が何人か来るので、カクテルを給使する。
ここでどのようなカクテルを作るかでストーリーが変化貰えるお金も変動)する

  • 客の注文はかなり大雑把だったり、謎かけのようなのがあったりで多彩。
    • 客の望むカクテルを出すのがベストだが、それ以外のカクテルでもOK。
      ここらへんの按配でストーリーが変化する。
  • カクテルを給使することでお金が稼げる。

自宅

セーブやアイテムの購入、日々のニュース(情報収集)閲覧を行う。

  • アイテムを購入することで自宅の模様替えなんかができる。

ゲームオーバー

ゲームオーバーになるのは以下のようなケース。

  • 適当なカクテル提供をしまくる
    • 客の要望と異なるカクテルを出し続ける。
  • チャプター1、チャプター2の支払いに失敗する(お金不足)
    • C1なら$800、C2なら$8000
    • C3の$10000はゲームオーバーではなくバッドエンド。

スポンサーリンク