Top / ジョブ / 特徴&組み合わせ / 赤魔戦士

赤魔戦士

スポンサーリンク

ジョブの特徴

攻撃・回復・補助魔法が使え、メイス+盾で接近戦も可能な万能型ジョブ
出来ることが多いが、その分ガンビット枠で苦労することになる。
うまく使いこなさないと万能ではなく、器用貧乏になってしまう
特に行動速度短縮が1つしかない点が厳しい
2ジョブ目で行動速度短縮の弱点を補強してやりたい。

  • 長所
    • 攻撃・回復・補助の各魔法を習得可能。
      • 攻撃特化の裏魔法は赤魔専用で強力な魔法が揃う。
    • 魔法関係のライセンスが豊富。
    • メイス+盾で接近戦も可能。
  • 短所
    • 白・黒・時空魔法は中途半端にしか使えない。
      • 上位の重要な魔法は軒並み習得不可。
    • 行動速度短縮が1つしかない。
    • 盾装備が可能だが、HPが低く打たれ弱い。
      • 盾強化のライセンスがない。
    • アイテム関係のライセンスが少ない。
    • 技ライセンスが少ない。

欲しいライセンス

○:行動速度短縮3
△:HP補強(HPライセンスや軽装備)
△:アイテム強化ライセンス
△:盾強化ライセンス

オススメの組み合わせ

スポンサーリンク

赤魔戦士+弓使い

弓&裏魔法での遠距離攻撃能力とアイテムでの回復能力を強化した組み合わせ。
主に遠距離での戦いをメインにするタイプ。
一部の回復行動をアイテムで補うことでMP燃費も大幅に改善する。
弱点であるHPも大幅に補強できるので防御面も安心。
「バーニングボウ(火強化)+アーダー」という曲芸じみた戦法も使える。

  • 得られるメリット
    • 速度短縮3
    • 弓装備
    • 上位の重装ライセンス(要:召喚ライセンス
    • HPラインセンス+軽装装備(HP強化)
    • アイテム関係のライセンス
    • 魔攻・魔防破壊

赤魔戦士+シカリ

盾強化による接近戦での使い勝手を強化する組み合わせ。
(チート武器の一つ「マインゴーシュ」も使用可能。)
主に近距離での戦いをメインにするタイプ。
盾特化の組み合わせと比べると防御面で若干劣るが、魔法も使える汎用性は魅力。
単純な盾役でなく攻撃(主に魔法による範囲攻撃)や回復補助と多彩に活躍できるのが強み。

  • 得られるメリット
    • 速度短縮3
    • 盾強化ライセンス
    • HPラインセンス+軽装装備(HP強化)
    • アイテム関係のライセンス
    • 一部白魔法(プロテガ・シェルガ、要:召喚ライセンス

赤魔戦士+機工士

銃/計算尺と各種魔法での攻撃+サポート兼用の組み合わせ。
この組み合わせは「HP満タン/瀕死攻撃力アップ」がないので火力役としてはイマイチ
銃装備で遠距離中心で戦うか、計算尺+盾で近距離中心で戦うかはお好みで。
ガンビットの組み方を含めて上級者向けだが、使いこなせばかなり便利な組み合わせ。

  • 得られるメリット
    • 速度短縮3
    • 銃装備
      • ダメージ計算と属性弾のおかげで赤でも最低限の火力を確保可能。
    • 計算尺装備
      • 上級者向け。補助的な使い方ができると非常に便利な武器。
    • 一部の時空魔法(要:召喚ライセンス
      • 召喚ライセンスが必要だが重要な時空魔法を習得可能
    • HPラインセンス+軽装装備(HP強化)

スポンサーリンク